中野友加里が経験した○○ダイエット、その過酷な方法とは?

タグ: , 2020/12/10

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

8日に投稿された動画のテーマは「ダイエット」。

自身も経験したという、とあるダイエット法やダイエット中の仰天エピソード、さらには過酷なフィギュア選手の体重管理について語った。

中野さんがオススメする○○ダイエットとは一体・・・?

・今すぐ読みたい→
中野友加里が羽生結弦を徹底解剖!「彼は毎日考えながら生きている選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu/

お弁当に茹でたベーコンが・・・


ダイエットはいくらでも語れるくらい、沢山のダイエットを経験してきたという中野さん。

そもそもダイエットを始めたのは、いつからだったのだろうか?

「始めたのは中学3年生くらいだったかと思います。小さい頃って動く量もハンパじゃないですし、どんどん身長が伸びていくので良いんですが、女の子は身長が止まったら、上に伸びていく分が横にいくしかないんですよね。横についていくな〜って気付いた時には遅くて、もうついちゃっているんですよね・・・。
私も中学3年生の時に山田満知子先生から、『どうにかして、なんとか体重を落とさないと(ジャンプを)跳べないよ』と言われました。その一言で、私だけでなく両親も『なんとかしてこの子を痩せさせなきゃ』と思ったのか、物凄い数のダイエット本を買ってきてたり、食材のカロリー計算をしていましたね。」

先生からの一言により、自身のみならず家族も協力しダイエットに励んだという中野さん。

そんな中、食べ盛りの時期には辛いこんなこともあったという。

「お弁当がとにかく少なくて、おにぎりが大体120g。そのほかに、ウインナーやベーコンに卵焼きが1切れ、そして私は生野菜が苦手だったので、茹でたブロッコリーやアスパラが入っていましたね。ラッキーな時には、りんごが入っていました。特にベーコンは、脂を落とすために茹でてみたって母に言われて・・・。茹でたベーコンって物凄くまずくて、それ以来さすがにベーコン茹でるのはやめてって言いましたね(笑)」





そんな中野さん、どうしてもお腹がすいてしまった時には、こんな工夫をしていたという。

「食べ盛りのダイエットだったので、いつもお腹ペコペコで、時々隠れて食べることもありました。
どうしてもお腹が空いて耐え抜かないといけない時は、牛乳を飲んだり、牛乳だけでは甘みが足りない時はカロリーゼロシロップや甘味料、はちみつなどでなるべく砂糖を使わないようにしていましたね。
牛乳でもダメだなと思った時には、紅茶で代用するなどして、空腹を紛らわしていました。そのくらい過酷なダイエットでしたね。」

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧