【子供薬膳】夏の子供の虫刺され。赤み、腫れには「熱」を取る

タグ: , , 2019/8/7

[記事提供:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]

 日本薬膳師である瀧本靖子さんによる、いつもの食材を使って、子供にも応用できる薬膳のお話。薬膳というと漢方や特別な食材を想像しますが、普段の食材の一つ一つに効能があります。薬膳的観点から日常の食事に取り入れやすい食材とその効能を解説します。

 夏祭りやじゃぶじゃぶ池、キャンプなどの夏の外遊び。楽しくて夢中で遊ぶ一方、子供たちが虫に刺される機会が増えますね。特に多いのが蚊です。

子供が虫に刺されると、大人以上に赤く大きく腫れたり、ひどい場合は化膿してしまうこともあります。

そのように、虫に刺されたり、赤く腫れた時に食べたい食材があります。

虫刺されで赤くなる、腫れやすい場合は「熱を冷ます」


赤くなる、腫れる、痒くなるというのは炎症が起きているサインです。多くの場合は、熱がそこの箇所にあります。また虫刺されで赤くなったり腫れやすいのは、皮膚が弱い子供や、もともと身体に熱がこもっている子供の場合によく見られます。そんな時は、まずは熱を冷ますような食生活を心がけましょう。普段は熱がこもっていなくても、虫刺されで肌が赤く炎症している時は、同様に熱を冷ます食事を意識します。

身体に熱がこもっているサインと熱を冷ます食材
鼻血が出やすかったり、発熱しやすかったり、皮膚が赤くなりやすいのは身体に熱がこもっているサインです。

熱を冷ます食材
副菜・野菜:胡瓜、ほうれん草、トマト、レタス、なす、冬瓜、大根、ごぼう、ほぼ全ての果物類

主菜・タンパク質:鴨肉、馬肉 など。

熱をこもらせる食材
また逆に身体に熱をこもらせる食材もあります。虫刺されが赤く腫れているときは少し控えましょう。

主菜・タンパク質:ハム、ウインナー、鶏肉、ラム肉

その他:にんにく、葱、胡椒などほぼ全ての香辛料 など。

・合わせて読みたい→
知ったら買いたくなる!夏野菜の赤パプリカが超使える理由(https://cocokara-next.com/fitness/red-paprika-of-summer-vegetables/)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧