ゴーヤの驚くべき効果効能とおいしい食べ方

タグ: , , 2022/7/20

 沖縄を代表する夏野菜のゴーヤ。「苦瓜」と呼ばれるだけあってとても苦いのですが、その苦みに夏バテを防ぐ成分が含まれています。栄養価が高く夏バテ効果があるので、夏にはぜひ食べてほしい野菜です。

【関連記事】スイカの驚くべき効果効能

栄養成分と効果

ビタミンC
ゴーヤには、なんとレモンの2~3倍を誇るビタミンCが含まれているのです。また通常ビタミンCは加熱すると壊れてしまいますが、ゴーヤのビタミンCは短時間の加熱であればほとんど壊れません。ビタミンCには、抗酸化作用による美容・美肌効果、糖尿病予防、免疫力強化などの効果があります。

モモルデシン
あの特徴ある苦味は「モモルデシン」という成分で、果肉の緑が濃い方が多く含まれ、苦味も強いといわれています。しかし、このモモルデシンには、胃腸の粘膜を保護し、食欲を増進させる作用があるのです。

その他にも、β-カロテン・ビタミンB1・カリウムなども含まれており、現代の健康野菜と言えます。





「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧