さくらんぼの驚くべき効果効能とおすすめの食べ方

タグ: , 2021/6/3

 さくらんぼは宝石の「ルビー」にも例えられ、可愛らしい見た目で甘酸っぱい味わいの果物です。一方、輸入さくらんぼは一般的に「アメリカンチェリー」と呼ばれ、果肉まで赤いのが特徴です。

100gあたりのカロリーは、国産が60kcal、輸入(米国産)は66kcalであり、その他の栄養成分値にも大きな差はありません。

・今すぐ読みたい→
ダイエット効果を高める3つの食べ物とは? https://cocokara-next.com/fitness/3-foods-that-enhance-the-diet-effect/

さくらんぼの栄養と効果


カリウム
さくらんぼに豊富に含まれるカリウムには、体内の水分バランスを調整する働きがあり、ナトリウムをカラダの外に出しやすくする作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節するのに役立ちます。血圧を下げたり、むくみを予防したりする効果が期待できます。

ビタミンC
ビタミンCは、皮膚や細胞のコラーゲン合成の際に必要で、免疫機能を保ち、さらに植物性食品に含まれる非ヘム鉄の吸収を高める働きがあります。
また、抗酸化作用があり、動脈硬化や老化・免疫機能の低下の原因のひとつとなる活性酸素の働きを抑えてくれます。
ビタミンCは熱で壊れやすいのですが、さくらんぼはそのまま食べられるため、ビタミンC補給にはぴったりです。

ビタミンD
ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けることによって、強い骨を維持する働きがあります。不足すると骨粗鬆症の原因のひとつとなります。ビタミンDはさくらんぼに豊富ですが、カルシウムはさほど含まれていないため、カルシウムの多い牛乳などの食品と一緒に摂ると効果的です。





葉酸
葉酸は、タンパク質や細胞が作られる際に必要なDNAや、赤血球などの合成に関わる栄養素です。成長の盛んな胎児の健常な発育に必要とされ、妊娠中の必要量は約2倍まで高まります。
葉酸は野菜や果物に多く、さくらんぼにも多く含まれます。

ポリフェノール(アントシアニン)
アメリカンチェリーには、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれることがわかっていますが、国産のものにも一定量含まれているという分析報告(※1)もあります。
ポリフェノールは抗酸化物質と言い、活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除いたりする働きがあります。また、アントシアニンには「視力回復によい」「炎症を抑える」などの効果があると言われていますが、まだ有効性についての研究が行われている段階です。今後の研究に期待ですね。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧