クランベリーの驚くべき効果効能

タグ: , 2019/12/4

 今回、クランベリーについて紹介していきます。

クランベリーの旬


クランベリーの旬は9月から11月ごろになります。

ただし、日本で流通している生のクランベリーは一部百貨店や専門店を除き、ほとんどありません。したがって、なかなか旬を実感しにくい果物ともいえます。

クランベリーはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属の植物で、和名は「つるこけもも」と言います。

北欧や北アメリカ、カナダなどでは身近なフルーツとして親しまれていますが、日本ではあまり馴染みがありません。

国産のクランベリーも出回ってはいません。日本に流通しているもののほとんどは北アメリカにて生産されたものです。また、一部、カナダ産がドライフルーツとなって流通しています。

クランベリーにはアントシアニンなどが豊富に含まれていて、視覚機能の向上などが期待できます。

購入してからすぐに食べない場合は、乾燥しないようにビニール袋などに入れて、冷蔵庫で保存します。水気を切って冷凍すると長期保存も可能です。

・今すぐ読みたい→
アボカドの驚くべき効果効能(https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-avocado/)

ブルーベリーやラズベリーとの違い

クランベリーは、ブルーベリーやラズベリーと一緒にベリー類としてセットにされることが多くあります。

確かにどれも甘酸っぱい味で彩りもカラフルで同じグループのように思えます。

しかし、3つのうち、仲間はずれがいます、、

それはラズベリーです。

・クランベリー ツツジ科スノキ属

・ブルーベリー ツツジ科スノキ属

・ラズベリー バラ科キイチゴ属

このように、ブルーベリーとクランベリーは同じ属性の仲間で、ラズベリーのみキイチゴ属です。

ブルーベリーは日本でもよく栽培されますが、クランベリーは湿地帯で実をつけます。

そのため、あまり日本では栽培されず、見かける機会も少ないです。

味はブルーベリーやラズベリーは生のまま食べてもおいしいのに対し、クランベリーは酸味が強く、生食には向いていません。

ジャムやジュースなど、加工した状態がおいしく食べられます。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧