今注目の高タンパク食品!ジビエの特徴とうれしい栄養とは

タグ: , , 2018/10/25

 ジビエというと、独特の臭みがあって肉質が硬く食べづらい…なんてイメージがありますよね。日本でもジビエが食べられるようになってきましたが、まだまだ知名度は低く食べる機会も少ないようです。

野生の動物は運動量が多いので脂肪が少なく栄養価が高いので、お肉の脂質が気になるという方にもおすすめです。そこで、ジビエの種類や栄養についてあすけん栄養士がご紹介します。

・合わせて読みたい→
秋刀魚の栄養について(https://cocokara-next.com/food_and_diet/for-nutrition-of-pacific-saury/)

ジビエとは

 ジビエとはフランス語で、狩猟によって捕獲された野生の鳥獣やその食肉のことを意味しています。ヨーロッパでは貴族の伝統的な料理で、高級食材として昔からジビエが食べられてきました。

日本では、野生鳥獣の増加により田畑が荒らされ農作物の被害が拡大するようになり、その被害拡大を防止するために捕獲するようになりました。以前は捕獲しても食べることはありませんでしたが、最近では地域資源として活用しようという働きが高まり食用として食べられるようになってきています。(※1)

ジビエの種類とその栄養効果


シカ
シカ肉はジビエの中でも臭みが少なく食べやすいといわれています。豚肉や牛肉と比べると、低カロリー・低脂肪・高タンパクなのでダイエット食としても注目されつつあります。また、鉄分が多く含まれていて、貧血予防や冷え性の改善に効果が期待できます。
日本では「もみじ鍋」として食べられることがありますが、その他にも赤ワイン煮やシチュー・カツなどにして食べるとおいしいようです。

イノシシ
イノシシ肉もシカ肉と同様に低カロリー・低脂肪・高タンパクな食材です。ビタミンB2も多く含まれています。ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変換するときに利用され、運動などで脂肪燃焼効率をアップさせたい方には欠かせない栄養素です。
イノシシ肉は昔から「牡丹鍋」として食べられてきました。食べる際は寄生虫の心配があるため、専門の業者が解体したものを購入するようにしましょう。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧