離乳食後期~の手づかみ食べおやつに!おいしくて簡単なおやき5選

タグ: , , , 2022/7/11

[文:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]

 赤ちゃんが自分で食べられる、「手づかみ食べ」に最適なおやき。保育園での離乳食おやつの中でもとても人気です。今回は、離乳食の後期~におすすめの、野菜を使ったおやきを5つご紹介します。

【関連記事】栄養士が解説!5か月からの離乳食のステップ

なぜ赤ちゃんには「手づかみ食べ」が必要なのか?

赤ちゃんが、離乳食を食べ始めるのは、個人差もありますが、離乳食の初期にあたる生後5~6ヶ月頃、支えればおすわりができるようになってから。最初は液体に近いものを。飲み込めるようになったら、固形にしていきます。

中期を経て、離乳食の後期にあたる9ヶ月くらいから徐々に手づかみを始める子が出てきます。
もちろん個人差があるので完了期頃の1才を過ぎてからの子もいます。重要なのは、時期ではなく「手づかみ食べ」をするということです。

どうして、手づかみ食べをする必要があるのでしょう?

手づかみ食べは、目と手と口の協調運動です。

赤ちゃんの脳の発達の証でもあるので、積極的に手づかみメニューを取り入れることが大切です。手づかみ食べを経験させることで、赤ちゃんは自分の「一口量」を覚えます。食べている途中で、口の中に食べ物を詰め込みすぎてむせたり、こぼしてしまったりすることもありますが、こういったことも全て学習です。





お母さんは、赤ちゃんが自分で食べる姿を見守ることが大切。タイミングを見て、スプーンを口に運んであげる程度にしましょう。

*手づかみ食べに適しているもの*
・おにぎり
・5センチくらいの長さのスティックにんじんや大根(茹でたもの)
・サンドイッチ

などなど。そして、今回のテーマであるおやきです!

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧