かぼちゃの栄養成分とおいしい食べ方

タグ: , , 2020/12/21

 かぼちゃは、ハロウィンの飾りや、冬至に食べる風習があるため、冬の野菜と思われがちですが、実は夏に収穫される夏野菜です。抗酸化作用のあるビタミンA(β‐カロテン)・ビタミンC・ビタミンEや食物繊維などを多く含み、美肌効果や便秘解消効果が期待できます。

・今すぐ読みたい→
糖質の取り過ぎをなかったことにする4つの秘訣 https://cocokara-next.com/food_and_diet/carbohydrate-secret/

かぼちゃの栄養成分と効果


ビタミンA(β‐カロテン)
ビタミンA(β‐カロテン)は、「目のビタミン」とも呼ばれ、視覚・視力の維持に欠かせない栄養素です。また、皮ふや粘膜を健康に保ち、優れた抗酸化力で老化の原因となる活性酸素を除去するはたらきがあります。

ビタミンC
ビタミンCは、お肌のハリを保つコラーゲンの生成を助けたり、シミやしわの予防をしたりと美肌対策に効果を発揮する栄養素です。その他にも、免疫力をアップさせて、風邪などの病気にかかりにくくする作用があります。

ビタミンE
ビタミンEは、「若返りのビタミン」とも呼ばれ、細胞の酸化による老化を抑えるはたらきがあります。また、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防いで血栓をできにくくします。

カリウム
カリウムは、ナトリウムによる血圧の上昇を抑え、体水分量を調節する作用があるので、むくみ緩和にも効果が期待できます。





食物繊維
かぼちゃの食物繊維は、水に溶けにくい不溶性食物繊維を多く含んでいます。不溶性食物繊維は、水分を吸収することにより便のカサを増やし、便秘解消に役立ちます。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧