減塩したい人必見!塩分過剰に繋がりやすい食品ランキング

タグ: , , 2023/1/17

 2017年5月に医薬基盤・健康・栄養研究所によって「食塩を多く摂取している食品のランキング」が出されました。今回はそのランキングをもとに、それらから摂る塩分量を抑えるコツをお伝えします。

【関連記事】減塩生活を始めよう!知っておきたい5つのコツ





食事中の意識したい塩分量

普段、塩分をどれくらい摂っているか意識して食事をされていますか?

お酒を飲んだ後にラーメンを食べて次の日顔がむくんでしまったり、味の濃い食事をした後に喉が渇いてしょうがない、というように、「食事をした後にカラダにおこる反応」から塩分を摂りすぎてしまったかな?と感じる人も多いはず。

 
日頃簡単に摂りすぎてしまう塩分ですが、摂りすぎは高血圧などの疾病を招く恐れがあり、それらの予防の観点から塩分摂取量は抑えていくことが目指されています。

塩分摂取量の目標値は男性で1日8g、女性で1日7gとされていますが、これは他の欧米諸国と比べると多い方。

それでも、現在の日本人はこれを男性でおよそ3g、女性でおよそ2gほど超えてしまっている状況にあります。(※1)(※2)

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧