さつまいもを使った置き換えダイエット

タグ: , , 2022/11/30

 さつまいもは、おいしい上に低GI食品でもあります。低GI食品とは、食べた後の血糖値が上がりにくい食品のことです。血糖値が上がりにくいことは、脂肪を溜め込みにくくなることに繋がります。GI値はブドウ糖を100とした場合を基準とした血糖上昇率で、ダイエットには、GI値60以下の食品が適しています。さつまいものGI値は、55です。

【関連記事】切り干し大根の驚くべき効果効能





さつまいもダイエットの方法

 1日に3食のうち、1食のみの主食をさつまいもに置き換えるだけのダイエット法です。

 さつまいもは腹持ちが良く、栄養価の高い食材。腹持ちが良いということは、すぐに間食に走ることもないため、間食を減らすことにも繋がります。

 また、白ご飯と同じ量を食べても、さつまいもの方がカロリーが低い上、満腹感を感じることができます。

自然な甘さのさつまいもは、毎日食べても飽きにくいので、ご飯と置き換えるのに打ってつけのダイエット食材と言えるのです。

さつまいもダイエットの効果

血糖値の急上昇を防ぐ
さつまいものGI値は55、白米のGI値は81、食パンのGI値は91です。つまり、さつまいもは白米や食パンよりもブドウ糖の吸収がおだやかなので、血糖値の上昇がゆるやかになり、脂肪を溜め込みにくくなります。

便秘対策・美肌効果・ストレス緩和
食物繊維を多く含んでいるので、便秘対策にも繋がります。便通が良くなると、カラダの老廃物が排出されるため、美肌効果も期待できます。ほかにも、カラダを温める食材であるため冷えの改善にも役立ちますし、ビタミンCが豊富なためストレスの緩和にも繋がりますよ。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧