腹式呼吸でエネルギッシュでいい声に

タグ: , , 2019/4/29

 声が変わると人に与える印象が大きく変わります。ちょっとしたコツでにいい声になるトレーニングをご紹介します。

少し長い説明になりますが是非お試しください。

■いい声を出すために必要な3つのこと


1. 空気を入れて腹式呼吸
多くの人は胸式呼吸で話をしていますが、浅い呼吸ではいい声は出ません。腹式呼吸で話すと声がエネルギッシュになり、理想の自分の声を作りやすくなります。

腹式呼吸トレーニング
1.背中を壁につけて立つ。足は肩幅程度に開き、上半身はリラックス。片手はお腹に添える。
2.口から息を「フゥー」と吐きながら、お腹をゆっくりへこませる。腹筋をギリギリまで縮め、息を吐き切る。
3.鼻から息を一気に吸い込む。このとき腹筋を使い、お腹を膨らませる。
4.慣れてきたら3→2の順で吸うところから始める。

2. 声を共鳴させる
声を出す時、肺に送り込んだ空気を吐く息として声帯を通過させ振動させています。そのときの空気の振動(原音)を口腔、鼻腔、頭蓋骨内の腔で増幅させることを「共鳴」と言います。

共鳴トレーニング
1.一番聞き取りやすい声の見つけ方
あなたにピッタリ合う、聞き取りやすい声の高さです。
口を閉じ鼻先に指をあて、「ムー」とハミングする。様々な高さで試し、指先が細かく振動する音をみつける。普段よりも少し高い音。

2.一番いい低い声の見つけ方
少人数に対し落ち着いて話をする声に適しています。
のどに指を添え、1と同様にハミングして共鳴する音をみつける。1よりもかなり低い音。

3.一番いい高い声の見つけ方
スポーツ観戦で応援する時や、100人以上の聴衆の前でエネルギッシュに話すときにむいています。
手のひらを頭やおでこに添えて、振動するように声を出す。一番振動を感じにくい場所なので、がんばって裏声でなく地声で最も高い声を出す。

・合わせて読みたい→
アスリートも取り入れる 深い呼吸でゆったりと。腹式呼吸法でリラックス(https://cocokara-next.com/fitness/relax-in-the-abdominal-breathing-method/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧