中国のブロックチェーンとその活用事例

タグ: , , , 2021/4/28

 前回、中国本土における仮想通貨ついて、現状はネガティブに取り扱われていると書いた。

一方、仮想通貨を生み出すブロックチェーンの技術自体は、中国政府は評価しており、産業の発展に繋がるとして支援する姿勢。

実際に中国のブロックチェーン業界は急激に発展中で、資本の流入とスタートアップも増加中。

・今すぐ読みたい→
中国の仮想通貨とブロックチェーン https://cocokara-next.com/lifestyle/after-corona-in-china-10/



筆中国の多くの地方政府は、経済発展の原動力としてブロックチェーンに期待しており、一部では「ブロックチェーン特区」とよばれる優遇政策区画の設置も実施。

特区とは、省や市レベルにて設置する優遇政策区画であり、ブロックチェーンの技術や事業開発に特化したものをブロックチェーン特区と呼んでいる。

2016年11月、初のブロックチェーン特区が上海市宝山区に設置されたことに続き、杭州市、広州市、重慶市、青島市、武漢市、長沙市、仏山市等で、ブロックチェーン特区が設置された。

2020年の時点で、20以上のブロックチェーン特区が設置されている。

このブロックチェーン特区について、その一部を紹介してみよう。

例えば、湖南省で承認されたブロックチェーン特区は、「湖南省デジタル経済開発計画(2020-2025)」に基づくもの。

この計画では、IoTやAI、ビッグデータといった分野と並んで、ブロックチェーンが主要プロジェクトに指定されている。

それに加え、2025年までに5つのブロックチェーン特区を設立することが明言されている。

また、「2025年までに多くのポピュラーなアプリケーションシナリオを展開し、全国的な影響力を持つ大手ブロックチェーン企業10社を組織する」というスローガンも掲げられている。

参画企業に対しては、年間最大50万元(約750万円)の出資や、研究成果に対する最大100万元(約1500万円)の報奨金、研究所や開発センターに対する最大300万元(約4500万円)の報奨金、上級技術者や管理者に対して3年間、100%生活手当等の支援が実施されることが定められている。





ブロックチェーンの公的な事例としては、この海南省にある公立病院「澄邁県人民病院」において、2021年1月11日、ブロックチェーンで設計された請求書の管理プラットフォームを使用し、患者に電子請求書を送信した。

同省における、ブロックチェーンによって請求書を発行し、記録する最初の病院となった。

海南省においては、公共機関のオンライン行政プラットフォームにブロックチェーン技術を組み込んでおり、限定地域のみで利用可能となっている。

同省は、このような公共機関の公式文書の処理にブロックチェーン技術を採用することに注力しており、今後、他の地域にもサービスを拡大する予定とのこと。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧