アートメイクって何?タトゥーとの違いは?施術看護師が教えます!

タグ: , , , 2022/9/16

 近年女性の間で、「眉アート」や「リップアート」などを中心に、流行している「アートメイク」。

普段のメイク時間を短縮できるという大きなメリットがあり、とても人気が出ています。

【関連記事】更年期症状の緩和や美肌効果も!女性の味方「エクオール」とは





そんな中、アートメイクに興味はあるけれど、実際どのようにしておこなうのか、詳しいことまではわからない、という方もいるのではないでしょうか?

今回は、女性の様々な悩みを中心に情報発信をしている、女性医療クリニックLUNAグループのYouTubeチャンネル「るなクリニックch」から、アートメイク技術看護師・橋本先生による医療アートメイクの様々な疑問についてご紹介します。

そもそもアートメイクというのは、針で皮膚に傷をつけて色を入れていく技術です。

一見、刺青と同じなのでは、と思う方もいるかもしれません。

違いとしては、刺青は一生消えないものに対して、医療アートメイクは、数年かけて色が退色していく、という点です。アートメイクは、入れ直しやメンテナンスをしながら美しさを保っていく施術であるというところが双方の大きな違いになってきます。入れている深さにも違いがあるといった点で、アートメイクは退色するようになるそうです。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧