早めに予防を始めよう!「変形性膝関節症」になる前に

タグ: , 2019/10/20

[記事提供:国内最大級の婚活パーティー・お見合い・街コン情報サイトParties(パーティーズ)(https://parties.jp/)]

 中高年になるとあちこちの身体の痛みに悩まされることが増えていきます。中でも膝の痛みは、悩んでいる人も多く、ひどくなると膝の骨が変形する「変形性膝関節症」になってしまいます。最悪の場合手術が必要になるものですから、高齢になる前に足腰を鍛えて予防に努めましょう。

関節が変形するメカニズム


そもそもなぜ関節の変形が起こるでしょうか。それは痛みと関係があります。

関節に痛みがあるということは、そこで炎症を起こしているということです。人の身体には自然治癒力というものがあるので、普通はその自然治癒力が働き、炎症は徐々に引いていきます。しかし、関節の動きが悪いと、生活の中で常に負担をかけながら過ごすことになるので、なかなか炎症が引いてくれません。関節の中で長期間炎症が続くと次第に関節軟骨から骨まで溶けて形が変わっていきます。これが関節の変形が起こるメカニズムです。

つまり炎症による痛みが長期化することで関節の変形が起こります。変形するから痛みがあると思われがちですが、実際は逆で痛みがあるから変形するのです。

変形性膝関節症を防ぐ、または進行を止めるには、まず炎症を取り除く=痛みを取り除くことが最優先なのです。

・合わせて読みたい→
「毎日30分ランニング」のダイエット効果は?(https://cocokara-next.com/fitness/30-minutes-running-diet-effect/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧