口の中のトラブルから見えてくる、、

タグ: , 2018/11/22

 皆さんは、「ふと気づくと口の中や舌に炎症が起きていた…」なんて経験をしたことがありませんか?口内に炎症が起こると、違和感や痛みを覚えるだけでなく、食べ物や飲み物がしみてしまい、気分も食欲も落ちてしまいがちです。

そんな悩みについて、正しい知識や原因を知ることで、自分で対処できたら良いですよね。そこで今回は、 口内のトラブルでも誰しもが経験したことのある口内炎について、知ってもらいたいと思います。

・合わせて読みたい→
手足が冷える!末端冷え性改善ガイド(https://cocokara-next.com/lifestyle/poor-circulation-improvement-guide/)

症状


 口内炎の症状は、痛みや腫れ、ただれや出血など、軽いものから重いものまで幅広くあります。

食事がしみやすく、痛みがあまり強くなく、粘膜に赤い腫れやポツポツと斑点やむくみができるのが、比較的軽症の口内炎です。最も多いのが、白か黄色の膜で覆われた米粒くらいの潰瘍ができ、食べ物がしみる口内炎です。通常1~2週間で治まりますが、繰り返しできる場合もあります。

重度になると、ただれたり、白い膜が覆ったり、盛り上がりやえぐれた穴や水疱ができる場合もあります。食事や会話もできないほどの痛みを伴い、出血がみられる場合は重症の口内炎です。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧