私、コロナで仕事がなくなりました。「これからは本当にやりたいことをやっていい」そういうメッセージなのかも・・・

タグ: , , , 2020/4/24

[記事提供:一悟術|自分を縛りつけているものから解放され、思い描いた人生を生きる道(https://www.ichigojyutsu.com/)]

 学校が休校になり、外出自粛要請が出て、緊急事態宣言・・・。

なんだか次々に社会が動いて戸惑っている方も多いかもしれません。

謎にトイレットペーパーが売り切れたり、テレワーク推進されたり、いろいろ影響はありますが生活に変化はありましたか?

私は仕事がなくなりました。

ヴィーガンパティシエとして勤めていたお店が一旦クローズしたからです。

新型コロナウィルスが連れてきたこの変化に、これからどう生きるのかを問われているように感じています。

緊急事態宣言からの社内ミーティング


最初はどこか他人事だった新型コロナウィルスが自分ごとになったのは緊急事態宣言の翌日、社内ミーティングの時でした。

私はパートタイムのアルバイトなので普段は社内ミーティングに参加することはありません。でも、この時ばかりは呼ばれました。

同僚スタッフ「Shioriさんも一緒にミーティング行きましょう!」

Shiori(私)(うーん、嫌な予感しかしない!)

ミーティング会場に向かうために外に出ると、街に漂う非日常感に時が止まったような気分でした。いつもは賑わっている大通りに人が少なかったのです。

今思い返すとまさに激動の中にいたのだと思います。

「世界が動くとき!」って感じでドキドキしました。





急に仕事がなくなった「3日後から雇えません」

お店に入るとオーナー含め、みんなが集まっていました。

社内は正社員とアルバイトで構成されていますが、アルバイトも含め、ほぼ全員集まっている様子でした。

ミーティングが始まると、アルバイトは全員雇うことができなくなったとのことでした。

こうして私は3日後から出勤しないことが決定。

急に仕事がなくなりました。

一番最初に感じたのは寂しさとありがたさでした。

正社員で入って、長く勤めた会社でした。5年勤めたのですがこの会社に出会うまで仕事が1年以上続いたことがありませんでした。

なんかすぐに辞めたくなっちゃって、、。

「今まで雇ってもらってありがたかった」そんな気持ちでした。

自己評価が低いので「もっとちゃんと仕事できたんじゃないか」とか「給与分、価値提供できてないかも」みたいな後ろめたさや罪悪感みたいなものもあったのかもしれません。まぁ、やることはやってましたけど。一応。

でも実際に仕事は無くなったわけで「これから大丈夫か?」と不安もよぎりました。

一方で「これでやりたいことができる」という感覚もありました。

また別の感覚で、時代の転換期の中にいることに「いま、世界が動いてる」とちょっと、ときめいてしまいました。

そんな感じでいろんな気持ちが一気に湧いてきた時間でした。

・今すぐ読みたい→
【コロナ禍】社会人2年目で直面した会社の休業・・・、新卒採用担当者のリアル https://cocokara-next.com/stress/recruitment-staff-reality/

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧