肺がんは喫煙者だけがなる病気ではありません

タグ: , , , 2021/5/13

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 「肺がん」と聞くとタバコを吸っている人がなる病気だというイメージがある方が多いのではないでしょうか?

日本で喫煙率のピークは1965年の昭和40年頃と言われています。

当時の喫煙率は80%ぐらいありましたが、今は20%を切っています。


タバコを吸う人は年々確実に減っているのに、肺がんになる人は確実に増えている。

つまり今、肺がんになるのはタバコを吸っていない人がほとんどと言えます。

もちろん喫煙ががんに対して悪影響を及ぼすことは間違いないのですが、肺がんの原因が喫煙とは限らず、タバコを吸ったことがない人でも肺がんになる可能性は十分にあります。

年齢でみると、肺がんの患者数や死亡者数は、40代後半から増え始め、高齢になるほど多くなります。

また、患者数は男性のほうが女性より2倍多いと言われています。

・今すぐ読みたい→
「喫煙」による金銭と時間の浪費について https://cocokara-next.com/fitness/waste-money-and-time-by-smoking/





「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧