松坂大輔、悔やまれるファン起因のケガ。選手生命に影響は?再発防止策は?

タグ: , , 2019/2/12

 これが原因で引退…などとなったら、目も当てられない。

 プロ野球のキャンプで、平成の怪物が前代未聞の事態に巻き込まれた。中日松坂大輔投手(38)が沖縄・北谷キャンプで、ファンと接触した際に右腕を引かれ、右肩の違和感を覚えて当面ノースロー調整に入ることが11日、球団から発表された。病院で診断を受ける予定だが、今後のスケジュールは白紙。開幕への調整に影響が出ることは必至だ。

・合わせて読みたい→
中村紀洋が中日・松坂大輔に抱く特別な思い「体がボロボロになっても名球会に入れるまで頑張ってほしい」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/norihironakamura-matsuzaka/)

防止策は…、正直難しい問題


 右肩は手術をした古傷でもある。大リーグから国内復帰した15年からソフトバンクの3年間は、右肩の不調で登板は1試合のみ。昨年移籍した中日で6勝を挙げ、カムバック賞を獲得した。キャンプインまで順調にきていただけに、完全復活を目指す38歳にとって、あまりにも痛すぎるアクシデントだ。

 松坂は即席サイン会を今キャンプでも何度も行うなど熱心なファンサービスで知られるだけに、ファンが絡んだトラブルに関係者はショックを隠せない。松坂に代わって、与田監督がコメントした。

 「選手もなんとかサインをしてあげたいという中で起きたこと。起きた瞬間は、松坂もそう厳しくは考えてなかったと思う。数日間、本人も悩んだんでしょう。本当に不慮の事故という形。僕も前に行こうとするときに、後ろから引っ張られたことがある。グンと引っ張られるだけで、手を持っていかれることはある。非常に難しい問題だけど、選手を守らなければいけないので、球団としっかり相談をしながら、防止策を考えなければいけない。だからといってファンの方と一切、接触を禁止するということはね。とにかく事故のないようにしていくしかない」

 アクシデントが起きた場所は北谷運動公園のブルペン横とメーン球場の間の約20メートル。一般人や球団の車も頻繁に通るため柵は置けず、選手に気安く触れることができるファンの人気スポット。選手によってはハイタッチや軽い握手をしながら通っていくこともある。警備員がついても、完全にガードすることは難しい。球団は警備員を増やすなど対応策を講じた。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧