ご存じですか?冬になると発症が増える「ウインターブルー」

タグ: , , 2021/2/5

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 「季節性うつ病」は秋から冬にかけて発症が増えると言われています。

それは寒い時期は日照時間が短くなるために、セロトニンが不足することが原因だと言われています。

「落ち込むことが多くなった」「憂鬱な気分がする」「体もだるいし疲れやすくなった」

最近そんな気持ちになっていませんか?

この秋から冬にかけての季節性うつ病は「ウィンターブルー」とも呼ばれます。

季節性うつ病の主な症状とは


・気分が落ち込むことが多い

・以前ならこなせた仕事をうまく処理できない

・ぐったりとして疲れやすい、体を動かすのがおっくうになる

・ 今まで楽しんできたことを楽しめない

・集中する力が明らかに落ちている

・ふだんより睡眠時間が長くなったり、朝起きられなくなる

・食欲がない、または過食気味

・今すぐ読みたい→
コロナ禍で親が子供に対してできる7つの事 https://cocokara-next.com/motivation/what-parents-can-do-to-their-children/





「ストレス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧