不妊治療で悩んでいる人へ鍼灸治療専門医が語る体験談「病院に頼っていればいいと思っていたけど・・・」

タグ: , 2023/3/1

「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」

 近年、耳にする機会が増えてきた不妊治療。悩みを持つ人が多くいます。

 今回は、自身も不妊治療を経て出産に至った、鍼灸治療や和漢診療などを専門とするmeilong代表・石川美絵先生に、自身の経験を元に、不妊治療で悩んでいる方へ、お話を聞かせていただきました。

【関連記事】不妊治療によるストレス増加やうつを未然に防ごう





私は39歳から不妊治療を始めたのですが、まず最初に人工授精を6,7回と最大限できる回数までおこないました。

当時は病院だけに頼っていれば良いと思い、特に自分で何もしていなかったのですが・・・

その後、体外受精に進んだ際に、15週で子宮内で亡くなってしまい死産分娩することになりました。

そこで、なんでだろうと原因を探ると、不育症という抗リン脂質抗体症候群が原因であることがわかりました。

血栓ができやすく、赤ちゃんの胎盤に血液が送られていなかったんですよね。

その不育症から、血栓ができないように毎日注射をしたり、2回目の体外受精をしてからは、鍼をしたり毎日漢方を飲んだりしました。

漢方は、保険診療のものではなくて、漢方薬局で自分に合わせて調剤してもらいました。

加えて、ビタミン療法といって、人間に必要なビタミンをかなりの量摂取しました。

その後、不妊治療を始めてから3年後に、双子を妊娠したんです。

普通だと双子は小さく生まれて来てしまうのですが、鍼や漢方、ビタミン療法をやったおかげもあってか、標準よりも大きく生まれて来たんです。

当時私は41歳だったのですごくハイリスクな出産でもあり、転院にもなりましたし、合併症として高血圧症候群や妊娠糖尿病になる確率が半分以上、加えて早産になる可能性がほぼ高いとも言われていました。

でも、実際それらは一切起こらず、予定通りに帝王切開で産み、最短で退院して産後29日で仕事復帰をしました。

関連記事

「ストレス」新着記事

  • ストレス

    ストレスの原因は睡眠に関係あり?

    2024.06.25 ストレス
  • ストレス

    運動でできるメンタルケア。不安やストレスを乗り切ろう

    2024.06.23 ストレス
  • ストレス

    育児子育てはストレスやうつの原因?

    2024.06.15 ストレス
『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧