トイレ臭の海水を遠泳?お台場での水泳・OWSの五輪テスト大会

タグ: , 2019/8/14

 猛暑に耐えながら、トイレ臭の海水を遠泳する。まさに地獄絵図だ。

 1年後の東京五輪に向けて、水泳競技「オープン・ウオーター・スイミング」のテスト大会が11日、東京・お台場海浜公園で開催されたが、参加選手から苦情が相次いだ。

 約1時間を泳いだ複数の選手が「正直、くさい。トイレみたいなニオイがする」と証言。想像してみてほしい。トイレの悪臭がする海水を口の中に含んで、息つぎを繰り返す。ニオイの発生源は水質汚染。気になってレースに集中するどころではないだろう。

2013年まで海水浴禁止


 お台場はもともと、ゴミの埋め立て地が近く、海水汚染や異臭のため2013年まで海水浴禁止とされていた。解禁後も水質が不安定で「海水に顔をつけない」という条件付きだった。

 近年は水質浄化に取り組み、大腸菌検査では基準値を下回っているという。

 今大会でも細菌の侵入を防ぐため、約400メートルにわたって「水中スクリーン」と呼ばれるポリエステル製の膜を張り、レース会場の水域を囲った。苦情を受け、五輪では膜を3重に増やす予定というが、肝心の悪臭を取り除くことができるかは不透明だ。

・合わせて読みたい→
水泳界にイキのいい「カツオ」が登場!五輪の主役候補に名乗りを挙げたカツオとは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/skipjack-swimming-competition/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧