丸川珠代五輪相とは何だったのか・・・2021年のズンドコ発言をもう一度

2021/12/29


 2021年が暮れていきます。コロナ禍の中でも人々は希望を捨てず、ニューノーマルの中で創意工夫を重ね、奮闘を重ねた1年だったと言えるでしょう。

・今すぐ読みたい→
開会式の裏側、「段ボールベッド」の寝心地、衝撃の料理・・・ラグビー・藤田が五輪の裏側を語る
https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshikazufujita-tokyo-olympics-inside-story/


 年末のテレビ特番では夏の東京五輪を振り返る機会もしばしばです。しかし、その内容に違和感を覚える方々も多いのではないでしょうか。ゴン責めにビッタビタと、金メダルの感動を特集することはあっても、大会前には世論のほとんどを占めた「感染者激増になるなら五輪は中止すべき」という論調が、ほとんど忘れ去られているのです。

 ネットメディアで五輪担当を務めた記者は、こう振り返ります。

 「中でも、2月のいわゆる『女性蔑視発言』で森喜朗会長が辞任した影響で、橋本聖子五輪相が五輪・パラリンピック組織委員会会長に就任した影響から、丸川珠代さんが五輪相の後任を務めた人事は不可解の一言でした。森さんの『女性蔑視』のイメージを払拭するために、女性なら誰でもいいだろうと知名度の高い丸川さんが登用された形ですが、スポーツへの情熱や愛が感じられず、ただ上を見て仕事をしている感じでしたからね」





 5月11日の閣議後、感染者が急拡大する中、五輪開催の意義を問われた丸川五輪相がこう答えたことに、人々が一斉に反発したのは記憶に新しいです。

 「コロナ禍で分断された人々の間に、絆を取り戻す大きな意義がある」

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧