「K防疫」バブルも崩壊…4月にピークアウト 韓国製診断キットが売れない

タグ: , , 2020/9/5

 新型コロナウイルスの第1波を抑え込んだ「K防疫」を背景に、急増していた韓国企業の診断キット輸出に陰りが見えている。

検査・隔離・追跡を徹底する「K防疫」の検査部分を担う診断キットの輸出は2月以降、爆発的に増加。市場拡大を当て込んで新規参入が相次いでいるが、半年ほど前にはピークアウトしていたことが判明した。診断キットのダブつきはダンピングや不正会計を招き、瞬く間のバブル崩壊に文在寅政権も業界関係者も頭を痛めている。





・今すぐ読みたい→
どうなる? 文在寅政権の支持率を左右する「運命の1週間」 https://cocokara-next.com/topic/moon-jae-in-fate-one-week/


 医薬品安全処によると、8月末時点で政府の輸出許可を得ているのは国内企業66社の105製品。3月中旬の7社8製品から13倍増だ。産業通商資源部によると、コロナ禍で急増した診断キットの輸出規模のピークは4月で、2億123万ドル分を輸出した。それが、5月には前月比35%減の1億3129万ドルに減少。6月には1億1445万ドルに縮小し、4月と比べてほぼ半減した。

「第1波の時期は海外からの注文が引きも切らなかったが、次第に各国メーカーが独自に診断キットを生産するようになり、それも軌道に乗り始めた。そのあおりで韓国内のメーカーは飽和状態。何とか在庫を吐き出したいと、ダンピング輸出に舵を切る企業もチラホラ出始めています。それでもマシな方で、業績悪化で窮地に追い込まれた一部のメーカーが粉飾決算に走ったり、成果がないにもかかわらず『契約協議中』『開発予定』などの虚偽情報をリリースして堅調をアピールするケースが相次いでいる」(韓国金融関係者)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧