韓国が旭日旗に「いちゃもん」を付けるキッカケとなったある選手の行為とは?パラメダル問題にIPC会長「全く問題ない」…

2019/9/13

韓国が旭日旗で騒ぎ出したのは、実はここ最近?

 韓国が旭日旗で騒ぎ出したのは、ここ最近だという。問題視されるようになったきっかけの1つが、2011年のサッカーアジア杯日韓戦だ。PKを決めた韓国代表キ・ソンヨン(当時22歳=スコットランド・セルティックでプレー)がゴールパフォーマンスで、鼻の下を伸ばし、ほおを膨らませ、顔をひっかく「猿まね」をした。猿は日本人やアジア人を侮辱する行為として知られており、大きな波紋を呼んだ。

 猿まねの理由を追及されたキ・ソンヨンは「観客席の旭日旗を見て怒った」ことを挙げ、韓国メディアが大々的に報じたことが発端となった。だが、キ・ソンヨンはその後「あのパフォーマンスは日本人に向けたものではない」「私がスコットランドでプレーするとき、相手サポーターは、私を猿と呼ぶ。人種差別をする人々に対して行った」などと言い分を変え、そのたびに非難を浴びた。

 ちなみに、キ・ソンヨンは17年にコロンビア代表との親善試合でも試合中に挑発行為を行い、アジア人特有の細長い目を揶揄(やゆ)する「両手で目をつり上げるポーズ」で相手選手から『仕返し』を受けている。11年に猿まねジェスチャーをしただけに「ブーメランのように、人種差別行為が自分にはね返ってきた」と報じるメディアもあった。

そもそも旭日旗って政治的な宣伝になるのか?

 発言の真偽が疑わしい、1人のサッカー選手の言葉を検証することもなく、韓国は旭日旗を敵視するようになった。パラメダルの変更を求める韓国に、橋本聖子五輪担当相は「デザインの扇形で心を1つにするというコンセプトがすばらしい。それと(旭日旗を)一緒にするというのはどうかなと思う。旭日旗が政治的な宣伝になるかということに関しては、決してそういうものではないと認識している」と述べた。

 政治とスポーツを混同させる韓国の『反日活動』は、いつまで続くのだろうか。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧