韓国内もア然・・・米国の反発もどこ吹く風 南北進展にさらに踏み込む文在寅大統領の「覚悟」

タグ: , , 2020/1/10

 韓国の文在寅大統領が「独自路線」を突っ走り始めた。「新年の辞」で南北関係の進展について熱弁をふるい、具体的なプランにも言及。米国の反発もどこ吹く風のようだ。

「南北関係で身動きの幅を広げる」


 7日の「新年の辞」で文在寅大統領は膠着状態が続く米朝の非核化交渉や北朝鮮の挑発については触れないまま、「南北関係で身動きの幅を広げる」として、対北融和プランに時間を割いた。

・南北が接する地域での協力
・2032年南北五輪共催と東京五輪に南北合同チームでの参加
・非武装地帯の国際平和地帯化
・南北鉄道・道路連結

などで、これまで対北交渉に臨む米国に配慮して実行に移せなかった構想だ。

打診を続けている金正恩朝鮮労働党委員長の訪韓に向けても、環境条件整備のペースを上げるという。

「米韓関係や非核化交渉よりも南北融和を優先するとの意思表明で、関係国から異論が上がるのは必至です。国内でも『ひたすら北朝鮮』という政策は疑問視されつつあり、我が道を突き進もうとする文在寅大統領の姿勢に懸念の声が聞かれています」(韓国メディア関係者)

・今すぐ読みたい→
韓国に「断交」を求める過激な声も 元徴用工訴訟で日韓関係は歴史的局面に(https://cocokara-next.com/topic/japan-southkorea-relations-are-historical-aspects/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧