愛媛ご当地アイドル自殺 松本人志の持論に賛辞の声

タグ: 2018/10/15

 死を選んだことに同情する風潮は、その決断を肯定しているとも捉えられる危険性がある。松本の持論にネット上では賛同の声が大多数を占めた。

「辛くて苦しくて、もう死を選ぶしかないくらい追い詰められた人を責める気は無いけれど、なんとか、その道を選ぶことを思い留まってほしい」、「誤解を招きやすい発言だけど、言いたいことはわかります。自殺した子には生きて欲しかったし、周りも生前訴訟でもして救ってあげて欲しかった」、「この意見には賛同。窮地に追い込まれた時、どういう選択をすべきか、ということも、学校で教えていくべきかなと思う」。

一方で異論を唱える声も。「死んだら負けなんて言う理屈は通りません。親と事務所が100%悪いと思います。親の気持ちはわからなくもないですが、亡くなった後に(裁判で所属事務所に)9000万請求しても後の祭りです。親がたった20万円のお金さえ出してあげていれば、事務所とのやりとりも本人ではなく親がやっていればこんな結果には絶対ならなかったはずです」。日本では毎年3万人以上の人が自殺で亡くなっている。深刻な社会問題になっている中、自殺に対する世論の見方、生きることの意味を見つめ直す必要があるかもしれない。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧