前歯ポキッ・・・またやらかした韓国!サッカー日韓戦ひじ打ち流血ラフプレーに非難殺到

タグ: , 2021/3/27

 過ちは繰り返された。25日に行われたサッカー日韓戦(横浜)で、韓国選手のラフプレーに日韓両国から強烈なブーイングが浴びせられている。

・今すぐ読みたい→
ワクチン接種開始OECDビリ・・・文在寅政権ハリボテ「K防疫」に批判噴出 https://cocokara-next.com/topic/criticism-of-k-epidemic-prevention/


 日本が2-0とリードしていた後半23分、DF冨安健洋(22=ボローニャ)が韓国MFイ・ドンギョンからヒジ打ちを食らった。冨安は口を押さえながら倒れこみ、流血。ピッチから離れ、前歯が折れたが、応急処置をして試合に戻ってフル出場。3-0の完封勝ちに貢献した。

 問題の場面。ボールと関係のないところでイ・ドンギョンが突然、左腕を振り回し、背後でマークしていた冨安の顔面にひじが直撃した。インド人の審判団は気付かず、ノーファウルだったが、レッドカードが出てもおかしくない悪質なプレーだった。

 審判の目は欺いても、SNSのサッカーファンが黙ってはいない。ラフプレーの瞬間をとらえた映像は動画サイトに出回り、日本のサポーターが激怒したのはもちろん、韓国メディアも非難した。スポーツ朝鮮は「試合にも負け、マナーでも負けた」と惨敗の内容を報じた。

 冨安のインスタグラムには、差出人が韓国人とみられる謝罪の言葉があふれた。ケガの具合を心配する声のほか「韓国人の恥ずかしい行為を許してください」「どうか私たちを嫌いにならないでください」などの投稿がハングル語や英語で寄せられた。





 冨安は試合翌日にインスタグラムを更新。ひじ打ちについて「試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています。もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています」と書き込んだ。

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧