GSOMIA失効まで6週間…文在寅大統領にのしかかる米国の圧力

2019/10/10

 安倍政権による経済報復の対抗措置としてGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を通告した韓国の文在寅大統領に対し、米国が圧力を強めている。防衛、外交の二方面から締め上げられている格好だ。

年内に妥結しない場合、来年4月から韓国人職員を強制的に無給休暇させる方針


 米韓は先月、来年度の防衛費分担金協定(SMA)をめぐる交渉をスタートさせた。韓国は在韓米軍防衛費分担金として9億9000万ドル(約1060億円)を負担しているが、トランプ政権は5倍近くの増額を要求。文在寅政権は防戦する中、米国側が新たな揺さぶりをかけ始めた。年内に妥結しない場合、来年4月から韓国人職員を強制的に無給休暇させる方針を在韓米軍司令部が固めたというのだ。在韓米軍で働く韓国人職員はおよそ9000人。在韓米軍労働組合は司令官名義の文書を受け取り済みだという。

「海外に展開する米軍の駐留費負担はムダ金だと考えるトランプ大統領は、同盟国に負担増を強く求めています。文在寅政権は交渉の首席代表をギリギリまで任命しないなど、妥結をできるだけ先延ばしにする戦略でいましたが、9月の国連総会に合わせた韓米首脳会談直後にホワイトハウスから『交渉は年内に終わらせるべきだ』とクギを刺された。その上、米国にとっては不都合なGSOMIA破棄問題も重なり、対韓圧力が強まる一方です。外交上の嫌がらせ行為も看過できません」(韓国メディア関係者)

・合わせて読みたい→
高校野球U-18「韓国人から脅かされたり…」と質問した韓国記者、会見場から一発退場(https://cocokara-next.com/stress/korean-reporter-leave-the-conference-hall/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧