GSOMIA破棄騒動で激怒 米国が文在寅政権に突き付ける代償

タグ: , , 2019/11/24

 米韓関係が悪化の一途をたどっている。安倍政権が発動した対韓輸出規制への報復措置として文在寅政権が破棄通告したGSOMIA(軍事情報包括保護協定)は一転して継続されたものの、米韓関係の溝は深まる一方。在韓米軍の駐留費をめぐる交渉で衝突が続いている。トランプ大統領が昨年比5倍増となる年間50億ドル(約5400億円)の駐留費負担を韓国に求めたため、文在寅政権が猛反発。交渉は決裂してしまった。

米韓協議が決裂


 韓国外務省は19日、在韓米軍の駐留経費の分担をめぐる米韓協議が決裂したと発表。すると、韓国主要紙の「朝鮮日報」(電子版21日)が〈米国、在韓米軍の一部撤収を検討〉と報じた。記事中にはこうある。

〈交渉についてよく知るワシントンのある外交筋は19日「韓国との交渉がトランプ大統領の思惑通り進まない場合、1個旅団の撤収を準備していると聞いた」と述べた。しかし米国が撤収を検討する旅団の任務やその規模についてはまだ分からないようだ。米軍の1個旅団とは3000-4000人に相当し、この程度の削減であれば米議会が2019年に国防主権法で定めた最低限の規模にも抵触しない〉

シリア北東部からの米軍撤退をいきなり表明し、実行に移しているとトランプ大統領の行動からすると、単なる脅し文句とは受け取りにくい。

・合わせて読みたい→
空振りに終わった文在寅大統領の「国民との対話」、2年半の政権運営を正当化(https://cocokara-next.com/topic/justification-of-administration/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧