close

意味が分かればトレーニングに使わずにはいられない「BCAA」

タグ: , , , 2018/8/31

1.はじめに

 トレーニングをしている人たちの会話の中に、よく「BCAA」という言葉が飛び交っています。果たしてこれは何を意味するのでしょうか?「BCAA」と言われる粉を飲んだり、ドリンクに入れて飲みながらトレーニングをしたり、人によって使い方も違うようです。

 そんな「BCAA」ですが、実は男女問わず、身体を変えていきたいという方であれば、ほとんどの方が飲んでいるのです。今回はそんな「BCAA」の魅力を紹介していこうと思います。

2.「BCAA」って何?

 9種類ある必須アミノ酸のうち、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」はその分子構造の特性から「分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)」と総称され、その頭文字を取って「BCAA」と言われています。筋肉内のたんぱく質に含まれる、必須アミノ酸の約35%を占め、筋肉を構成している筋細組織の主成分です。この「BCAA」を摂ることによりトレーニング中のエネルギー供給が効率的に行われます。

3.さらに詳しく!なぜ摂る意味があるの?


 「BCAA」は摂取すると、筋細組織の素材となって筋肉作りに役立ちます。「BCAA」の一つであるロイシンは、筋たんぱくの分解抑制と合成促進の両面の働きがあり、筋力をアップしたい人には特に大切です。ほとんどのアミノ酸が肝臓で代謝されるのに対し、「BCAA」はその大半が筋肉に運ばれ代謝されます。これば筋肉エネルギー代謝に深くかかわっているからです。

 激しい運動やウェイトトレーニングを行うと、筋肉中のたんぱく質が分解されエネルギー源として利用され始めます(筋分解します)。そこで「BCAA」を補給すれば、筋肉の損傷をすばやく回復し、筋肉痛や筋肉疲労の軽減に役立ちます。

 さらに「BCAA」には、主観的疲労感、つまり気力や集中力の低下も防止すると考えられています。したがって、トレーニング時には活用を必須とする方が数多くいるのです。

・合わせて読みたい→
「筋トレと健康」 筋トレがなぜ選ばれるのか?(http://cocokara-next.com/fitness/do-muscle-training-why-is-selected/)

「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    お腹をへこませ腰痛予防

    2018.09.26 フットネス
  • フットネス

    いつも左肩が凝りやすい人は

    2018.09.25 フットネス
  • フットネス

    簡単プチストレッチ「ウエスト・わき」

    2018.09.23 フットネス

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【リピート多し!】①Meilong初診カウンセリング料+20%offチケット

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧