close

ストレスが女性に与える影響は?ストレス要因は仕事や家族だけじゃない

タグ: 2018/7/13

・合わせて読みたい→
人間関係だけではない 意外に気づかないストレス要因とは(http://cocokara-next.com/stress/stress-factors-unaware/)

 ストレスにおいて特に女性特有のストレスによる影響と対策についてまとめました。女性には、妊娠・出産など、女性には女性のストレス要因があります。一方で、ストレスに対応するためのホルモンの仕組みも、男性と女性とは異なる特徴があるようです。

仕事や家族だけじゃない、女性が抱えるストレス要因


 現代社会はストレス社会。仕事や、家庭、恋愛、その他の人間関係など、様々なストレス要因が待ち受けています。

 でも、男性と女性で、ストレス要因が異なることも確か。女性のストレス要因には、次のようなものがあります。

妊娠・出産
妊娠に伴う体形の変化や、つわりなど、日常生活と異なる様々な生理現象はストレス要因になりがちです。
また、出産に伴う不安や周囲の無理解や非協力なども、イライラの原因になってしまいます。
子どもの父親や、その両親の対応にピリピリするケースは少なくないようです。

産後・育児
生まれたばかりの子どもには手がかかるもの。授乳やおむつなど、どうしても睡眠が不規則になりがちです。
また、睡眠不足により、自分の思うように周囲の協力が得られないことなど、普段なら耐えられるようなストレスでも、増幅されがちです。

更年期障害
生理が終わる閉経の時期は、身体のホルモンバランスが崩れるとともに、人生でも、子どもが巣立ったり、仕事でも責任ある立場についていたりと、色々な変化の時期。
肉体的にも、社会的にもストレスを感じることになります。

実は男性よりも高いストレス耐性。その秘密は?

 様々なストレス要因があるなんて、男性と比べて不公平!女性ならそう思うのが当然です。

 でも、ちょっと待って。

 実は、そんな女性の方が、一般的にストレスに耐える力が強いと考えられているのです!その秘密が、「エストロゲン」という物質です。

 エストロゲンとは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性ホルモンの一つです。

 子宮内膜を厚くする働きや、骨の形成を促す働きの他、丸みのある女性らしい身体づくりを促す働きをしています。

 それだけではありません。アメリカで行われた研究によれば、実験動物をストレス状況に置いたところ、エストロゲンを投与した方が、ストレスからくる脳などへのネガティブな影響が見られなかったそうです。

 一方で、エストロゲン分泌をブロックすると、ネガティブな影響が見られました。このことから、エストロゲンが分泌されることで、ストレスに耐える力が高まっていると考えられます。

 このエストロゲン、男性の体内でも分泌されていますが、女性に比べればごくわずかです。なので、男性よりも女性の方が、身体機能的にストレス耐性が高い傾向にあると言われています。

 妊娠や出産など、女性独特のストレス要因も、エストロゲンの力で乗り切っているのかもしれませんね!

[文:ストレススキャン編集部]

・合わせて読みたい→
人間関係だけではない 意外に気づかないストレス要因とは(http://cocokara-next.com/stress/stress-factors-unaware/)

「スマホで簡単にストレスをチェックできるアプリ-【ストレススキャン】-(https://stress-scan.com/)」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 「小顔サロン be」(東京・六本木)「頭スッキリ」コース CoCoKARAnext読者特典初回クーポン7,800円 【根付いた疲れや眼精疲労に】

人気すぎて予約も取りづらくなっている東京・六本木の「小顔サロン be」がCoCoKARAnext SHOPに登場! 美容、小顔に関心がある女性はもちろん、意外にも少なくないのが一度来た奥様が「頭スッキリするから、仕事のストレスが多いうちの旦那を連れて来よう」と言う方も多く、その旦那さんの方がリピーターになるケースも多いそうです。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧