前回大会2位タイの畑岡奈紗がリベンジを狙う「マイヤーLPGAクラシック」日本勢に大会直前インタビュー

タグ: , , , 2021/6/17

 2014年にツアーに追加されてから同一コースで開催されているが、2020年は中止となった今大会。会場となるブライズフィールドCC は1929年に開場した歴史の長い距離のあるコースだが、比較的フェアウェイも広いため、最後までアグレッシブに攻め続ける展開が予想される。また、グリーンが硬く、手前から奥に向かって傾斜しているホールが多いため、確実にパーオンさせるのがポイントとなる。

注目は全米女子オープン2位の畑岡奈紗。今大会は2019年の最終日、猛チャージをみせ2位タイでフィニッシュ、今年こそ頂点を狙う。日本勢からは上原彩子も出場する、その2選手に前日インタビューを行った。

・今すぐ読みたい→
全米女子オープン優勝の笹生優花 優勝の要因に関しては・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukasasou-new-heroine/

畑岡奈紗

Getty Images


Q.全米女子オープンでは大健闘しましたが手ごたえはありましたか?
「コントロールショットがラフにたくさん行ってしまったので、そういったところからの2打目の見極めだったりとか、ショートゲームがどれだけ大事か、っていうのを感じました」

Q.1週間オフがありましたがどのように過ごしましたか?
「1回ゲーリー(・ギルクリスト)に会って、一緒にラウンドしていろいろな話もできて、またリセットした気持ちでここに来れたかなと思います」

Q.ゲーリーから何かアドバイスをもらいましたか?
「スイングが今年の初めに見てもらったときよりだいぶ良くなっているという事と、あとは直すとすればテイクバックが長くなっちゃう癖があるので、それが直ればショットのタイミングとかも良くなってくるんじゃないか、ということでした」

Q.全米女子オープンの時にグリップをウィークグリップにしたら、テイクバックがしっくり来るようになったと言っていましたが、今も引き続きその感じですか?
「まだちょっとフェイスのローテーションが大きく出てしまう時があるので、そこのポイントを今は1番大事にして練習しているところではあります」

Q.コースの印象がちょっと変わりましたが、どうですか?
「こんなに奥の方が砲台になっているような感じではなかったので、外した場所によっては本当に難しくなるなっていう事と、フェアウェイでもティーショットでバンカーに絡むところが増えているのがパー5の4番で木が切られていたり……。全体的には変わらないんですけど、ところどころバンカーが増えていたりもするので、そういうところでバンカーに捕まらないように。あとラフがすごく絡まりやすいラフなので、ティーショットが本当に大事になるかなと思ってます」





Q.グリーンも細く柔らかくなってきているように見えるので、伸ばし合いになりそうですが、どうですか?
「グリーンが柔らかいのでボールも止まりますし、デッドに狙っていかないといけないなと思います」

Q.全米女子プロゴルフ選手権の前週ということですが、意気込みをお願いします。
「2年前に2位に入れて、コースの相性も良いですしイメージもいいと思うので優勝したいですね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧