今年最後のグランドスラム「全米オープンテニス」錦織圭、大坂なおみら日本勢に大会直前インタビュー

タグ: , , , , 2021/8/29

 8月30日に開幕する今年最後のグランドスラム、全米オープンテニス。大会開幕前に今回本戦に出場する日本人選手のインタビューが到着しました。

錦織圭選手

Getty Images


東京五輪が終わり、全米に向けて上手く気持ちを切り替えられましたか?
そうですね。オリンピックのプレーが良かったので、結果はもう一ついきたかったですけど。結果はまあまあにしろ、1回戦がきっかけでプレーはすごく良くなって、そこから自信を持ってプレーが出来たので。しっかりワシントンにも移行できて良いプレーも出来たのでプレー内容的にはすごく上向きに来ているとは思います。

痛めた肩のリカバリーやコンディションは?
まあまあですね。
まだちょっと痛みはあるので、ゆっくりやりながら、っていう感じです。

去年の全米は欠場していますが、去年は無観客で今年は観客いますが感想は?
最近、ウィンブルドンくらいからお客さんも入るようになって、何となくテニスの試合のいつも通りの雰囲気も戻ってきているので、自分としてもその中でやれるのはとても嬉しいことです。もちろん色々なことに気を付けながらですけど、まだまだ。
でも、楽しんでやれると思います。去年はUSオープンに出られなかったので、その分も気持ち入れてプレー出来たらなと思います。

他の大会と比べ、全米にはどんな思い入れがありますか?
一番良い結果を残しているところではあるので、何となく他のところよりも居心地が良いというか、もしかしたらこの環境だったり、ボール・サーフェス・温度なり、色々なものが合っているのかなとは感じます。

1回戦はカルーソ選手ですが、どんな印象?
今までやったことのない選手なので、しっかり調べてっていうことにはなりますけど、大きい選手でフォアハンドがあって、パワー系の選手かなっていう所ですかね。

今大会の意気込みは?
なるべくこの調子はキープしたいですね。良い感覚で今、今年初めて位の感覚をオリンピック・ワシントンでつかんだので。その勢いというか、自分の中にある良いリズムを崩さないように今大会も臨んで良い所まで行けたらなという感じです。

・今すぐ読みたい→
イニエスタも悩んだ「うつ病」に大坂なおみも! 深キョン「適応障害」との違いは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/depression-and-adjustment-disorders/





西岡良仁選手

Getty Images

オリンピック以降、今のコンディションは?
めっちゃ良い結果は出てないですけど、すごい悪いわけではなくて。オリンピックも、自分のテニスも良かったんですけど、ハチャノフが強かったですし、ちょっとした所でなかなか勝てていないみたいなことがあって。
シンシナティ、トロントどちらも予選からしっかり上がって、でも1回戦勝てなかったですけど。
ベースのテニスは、イメージが悪くないと自分の中では思っていて。勝負どころの部分で今は自分がなかなか勝ちを掴むまで持っていけてないと思っているだけなので。なので、すごい調子が悪いとか自信がないとかは結構無くて、どちらかと言うとテニスが良いから勝てる時になると勝てるかなという、良いモチベーションはあると思います。

最近お兄さんと練習していますがどうですか?
彼は僕にとってコーチとして帯同してもらっていますけど、兄弟なんで気を遣う部分はもちろんないですし、向こうも向こうで僕のことが分かるし、僕も僕で向こうのことが分かるし、すごい楽な関係性なんで、そこが僕はすごい良いと思っていて。
もちろん彼も練習でどこをどういう風にもっとやっていこうとか、話しますけど、基本的にはそこまで話すわけではなくて、彼も意見を言いますけど僕も言って。まだ彼もこのレベルに帯同しているのが僕しかいないですし、自分が選手を育てたというわけでは無いので、彼も彼でまだこれから僕と一緒に周ったりして勉強して行く時だと思うので、お互い考えながら、みたいな部分がありますね。

今年は観客を入れて行われますが、期待感はありますか?
もちろん賛否両論あるかもしれないけど、世界的にこういうのがテニス界では普通になっていて、バブルではなくなって観客の人も入れるようになって。
特に今回の全米オープンに関しては今まで通りのような開催をしていこうという動きに変わってきていて、ちょっとずつこういう風に切り替えていくのが必要なのかなって個人的には思っていますし、選手目線からいくと観客の人がいるっていうのは僕らにとって凄いパワーで。今回に関しては超アウェーだと思いますけど、それは向こうにとっては、凄いパワーで、逆に僕がホームでやれば僕にとってのパワーで観客の人たちが創り出す雰囲気があると思うんですよね。
選手にとってすごい影響が出ることなので、やっぱり観客の人がいる・いないだと、またちょっと戦況が変わってくるところもあると思いますし、選手のモチベーションも変わってくるので、僕は極力ファンの人が観に来てもらえる方がやっている側も楽しいなって思います。

1回戦の相手はジャック・ソック(アメリカ)で今年3度目の対戦ですが
そうですね。ドロー見てビックリしました。「またかよ!」みたいな。
向こうも思っているんじゃないですか。
通常通りで出来れば自分の方に分はあると思っています。毎回そう思っていて、すごい苦手なタイプではないので、いつも優勢な展開が多い、組み立てがしやすくなっているとは思います。もちろん何回もやっているので色々変えてくるとは思いますけど、特に5セットというところで変えてくるとは思うんですけど、気持ち的には自分の方が優勢でテニスを進められるかなとは思います。

大会に対しての意気込みは?
毎年ここですごい良いプレーが出来ていますし、一番好きなグランドスラムの中の一つなので、今年最後のグランドスラムですし、しっかりと結果を出して行けるところまで行きたいと思っています。
まだ右手首が怖い部分があり、3・4割バックが打てない状態なので、展開が変わると思っていて、ベストなプレーが正直出来ないです。得意のバックハンドが打てないのでスライスがメインで、そこからどう組み立てるかみたいな。今日の練習はボレーの練習をめっちゃしたんですけど、基本的にはいつもの僕のプレーとはちょっと違うテニスをしないと厳しくなってくるので、そこが今回の全米はある意味自分の1個チャレンジだなと思っています。普段通り後ろでラリーしてやっていれば自分に分が出てくる可能性高いかなと思いますけど、それが出来ないので、今回に関してはリスクを背負いながら攻めることがかなり大事になってきます。それがどうなるかというのは結果を見てみないと分からないですけど、今回は初めてな感じで自分に対してトライしていかないといけないので、そこはそこでしっかり楽しんでやりたいです。また1個自分にとって難しいですけど、それが上手くいけばさらに別のテニスの方向も見えてくるのですごい重要な大会の一つかなと思います。

ダニエル太郎選手

Getty Images

オリンピックが終わってから、今までどう切り替えてきましたか?
オリンピックは、(代表に)入れるかギリギリのまま1年を過ごしてきたので。最終的に出られて、観客なしでも日本でオリンピックをプレーできたというのは自分の誇りに残ることです。終わった後は、少し時間を取ってここまで来ました。

その後アメリカに来て、IMGで錦織選手と練習をしていましたが
すごく良かったです。アカデミーの環境が良いので、ものすごく暑かったですが、とてもよい練習ができた1週間でした。

今のコンディションはいかがですか?
テニスのフィーリングは良いです。今回サーフェスが結構速くて、最初の2,3日は苦労していたのですが、今は慣れてきて良い感じです。月曜の試合が楽しみです。

今大会は、ほぼ100%観客が戻ってきますが?
フルで観客が入るのはこの2年間でほぼなかったのでとても楽しみです。少し違和感もあるのかなと。今は無観客に慣れてきてしまったので。特にオリンピックの時は、「ああ静かだな」と思って。蝉の音がすごかったんですけど・・。ニューヨークでワイワイした中での試合になると思うので、楽しみにしています。

全米は、ダニエル選手にとってどのような大会ですか?
心のつながりが強い大会です。僕にはアメリカの血も入っているし、ニューヨークで生まれたし。ホームという感じも少しあるし、ニューヨークにいる時は何かつながっているなという感じもある。もちろん他のグランドスラムも好きだけど、一番「ここだな」と感じるのはこの大会です。

1回戦はバグニスですが、印象は?
彼はアグレッシブベースライナー、ティピカルなアルゼンチン的な、フルスイングでボールを強く打ってくる選手。左利きで、今年もとても良い結果を残している選手で。よく知っていて練習もよくする仲の良い選手でもあるので、楽しみな試合です。僕は今やっていることに集中して頑張っていきたいと思っています。

今シーズン最後のグランドスラム、今大会に向けての意気込みは?
ギリギリ本戦に入れたところでもありますし。オリンピックから試合ができていないので、試合の違和感も出てくるとは思うのですが、またグランドスラムの本戦に出られるというのは、自分としてもずっといたい場所なので、思い切り楽しみたいです。自分なりのプレーができるように頑張りたいです。日本の皆さんも、家からの応援をよろしくお願いします。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧