レッドブルが2022年型F1マシン『RB18』を発表。車体に入る「HRC」ロゴの背景とは

タグ: , , 2022/2/13

レッドブルが発表した新車「RB18」。車体後部には「HRC」のロゴが((c)RedBull Cotent  Pool)

 F1のレッドブルレーシングは9日、2022年型マシン「RB18」を発表した。新車のお披露目は全10チームの中で一番乗りで、車体には新チャンピオンとなったマックス・フェルスタッペン(オランダ)が今季つける車番「1」が躍った。

・今すぐ読みたい→
「負のスパイラル」を断ち切ったF1・角田裕毅 2年目への抱負とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-aspirations/



 注目は車体後部だ。カウルに白地で「HRC」のロゴが入っていた。これは昨季でF1から撤退したホンダのモータースポーツ統括会社「ホンダ・レーシング」のことだ。

 供給していたパワーユニット(PU)の知的財産権はレッドブルに譲渡され、今季からはPUの製造はレッドブルのPU部門「レッドブル・パワートレインズ」が担うことになったが、初年度はホンダがPUの組み付けなどを支援することになり、ホンダはPU開発の移行期間として間接的にF1活動を継続する。

 ホンダでもワークス活動にはカウントされないが、F1に携わった期間はあった。マクラーレンなどとジョイントした第2期プロジェクトの最終年となったを92年に創業者の本田宗一郎氏の長男が経営するエンジンメーカー「無限」がF1参戦を開始。ホンダがエンジン開発を間接的にサポートしていたことからエンジンも「無限ホンダ」と名乗った。

 ホンダは99年にBARチームにエンジンを供給する形でF1に復帰。無限ホンダが単独で参戦した93~98年は、第2期と第3期の間をつなぐ期間として「2・5期」といわれることもある。今回も第4期が正式に終了した後の活動期間となるため、さしづめ「4+期」とでも呼べるかもしれない。





 ライバルメーカーのルノーも一時期ワークス活動を休止していた時代はあるが、カスタマーエンジンの供給は続け、「メカクローム」「スーパーテック」「プレイライフ」のバッジネームを使用した。その期間は98年から2000年のたったの3年間。技術的にはほとんどブランクのない状況でF1に復帰した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧