「負のスパイラル」を断ち切ったF1・角田裕毅 2年目への抱負とは

タグ: , , 2022/1/8

オンラインで会見するアルファタウリの角田裕毅(リモート動画から)

 F1に参戦するアルファタウリの角田裕毅(21)が7日、オンラインで記者会見し、ルーキーシーズンだった昨季はトライアンドエラーの繰り返しだったと振り返った。

 開幕戦バーレーンGPでは9位でゴールし、日本人初のデビュー戦入賞を果たしたが、同時に過信を呼んでしまい、第2戦エミリアロマーニャGP(伊イモラ)では予選でクラッシュ。そこから「負のスパイラルに落ちていった」という。

・今すぐ読みたい→
「このマシンはくそ信じられない!」F1・角田裕毅が不適切発言を謝罪 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-apology/



 F2時代からセッション前に、5分間、自分の時間をつくって、頭の中で理想的なラップをシミュレーションをするというルーティンをしていたが、序盤にクラッシュが続いたため、コース図に注意すべきポイントなどを書き込んだりするなど余計な意識が働いてしまったという。

 「どこでクラッシュしちゃいけないとか、どうやったらクラッシュしないように走れるかを考えてシミュレーションしてしまっていた。なので、それを1回やめた」という。実際にそのアプローチで走行するとペースが予想以上に遅くなってしまい、理想のドライビングにつなげることができなかった。

 「いろいろなアプローチを試したが、最終的に元に戻ったという感じ。F2とかバーレーンで行っていたアプローチに戻した」。それが10月の第16戦トルコGPだった。そのタイミングでシャシーも交換し、マシンの挙動でようやく開幕戦のような好感触を得ることができた。





 その後も試行錯誤を重ね、負のスパイラルが消えだしたのは残り3戦となったブラジルGPからだった。このレースでは入賞を果たせなかったが、走り始めからペースを上げ、手応えもつかみ、最終戦アブダビGPでは自己最高位の4位でフィニッシュ。1年目は入賞7回、シリーズランキング14位で終え、「ホンダの最終年ということもあり、自分も結果を出したかった。ホンダさんへの感謝を胸に走って、最後に4位で終われたので本当に良かった」と振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧