中国人初のF1ドライバーとなる周冠宇 抜擢されたその背景とは

タグ: , , 2021/11/17

 来季のF1世界選手権のドライバー陣容が固まった。セカンドドライバーが唯一未定だったアルファロメオが16日、中国人ドライバーの周冠宇(22)を起用すると正式発表した。中国選手がF1チームのレギュラードライバーとなるのは初めてで、メルセデスから移籍するバルテリ・ボッタス(フィンランド)とコンビを組む。

アルファロメオのシートを射止めた周冠宇(アルファロメオ提供)

・今すぐ読みたい→
トヨタの豊田章男社長がレース中止に不公平感「五輪で許されても、4輪、2輪はなぜ?」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/race-canceled-unfair/



 アルファロメオでは現役最年長のキミ・ライコネン(フィンランド)が今季限りでF1を引退することを表明しており、最後のシートを懸けて周冠宇と現レギュラーのアントニオ・ジョビナッツィ(イタリア)で争われていた。

 仮にジョビナッツィの残留が決まれば、ルーキードライバーがゼロとなるところだった。ちなみに開幕時点でルーキードライバーがゼロだったのは2009年が最後。ただし、その年はシーズン途中で小林可夢偉とハイメ・アルグエルスアリ(スペイン)がF1デビューを飾り、通年ではルーキーはゼロではなかった。

 周冠宇は「小さいころからモータースポーツの世界のできるだけ高いところに駆け登ることを夢見ていたが、今、それがかなった。過去に才能あふれる若手を輩出してきた伝統のチームで走れることは光栄」とコメントした。





 上海出身で8歳でレーシングカートを始めた。12歳で英国に渡り、現地でカートレースを転戦。その後はF4、F3などを経て2019年からF1直下シリーズのF2選手権に参戦中だ。今季は残り2大会でランキング2位につけるなど成績も十分。昨季にルノーのテストドライバーとなり、今季はチーム変更に伴い、アルピーヌの一員として同じ任務を続けている。

 アジアでF1ドライバーを輩出した国は日本以外に、タイ、マレーシア、インド、インドネシア。中国は6カ国目となる。最初にF1中国GPが開催されたのは2004年。18年かかってF1ドライバーが誕生したことになる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧