米リバティ・メディアがわずか4年でF1事業の売却を検討か 大きく外れたその思惑とは

タグ: , 2021/10/4

 今季のF1は全22戦の日程が確保された。新型コロナウイルス禍で中国GP、カナダGP、オーストラリアGP、シンガポールGP、日本GPの4戦が中止となったものの、代替グランプリが組まれ、11月21日決勝の第20戦としてカタールGPが初開催されることが新たに決まった。これでアラブ圏ではバーレーンGP、アブダビGP(アラブ首長国連邦)、新規開催のサウジアラビアGPを含めて4カ国で行われることになった。

F1カタールGPのロゴが躍るロサイルインターナショナルサーキットの公式サイト

・今すぐ読みたい→
実は意外に多い!? 五輪・パラリンピックに出場した「元F1ドライバー」たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/former-f1-driver-participated-in-the-olympics/



 カタールGPの開催先はオートバイのモトGP世界選手権も行われるロサイルインターナショナルサーキットで、2023年から10年間のF1開催契約が結ばれたことも発表された。F1運営会社・フォーミュラ1グループのステファノ・ドメニカリ最高経営責任者(CEO)は「全チーム、F1、国際自動車連盟による多大な尽力もあり、今季は全22戦のレースカレンダーをお届けできることになった」とコメントした。

 今後はF1が本格的に中東シフトになる可能性がある。F1運営会社自体も現在は米大手メディアグループのリバティ・メディアの傘下にあるが、サウジアラビアへの保有株売却を検討していると欧州メディアが伝えている。実現すれば、英国の投資ファンド、CVCキャピタルパートナーズとかつてのフィクサー的存在だったバーニー・エクレストン氏から2017年に44億ドル(約4900億円)で買収してわずか4年近くで興行権を「転売」することにもなる。





 リバティ・メディアが経営から離れたい理由についてはF1運営への興味が薄れてきたことが挙げられる。アメリカンフットボールのNFLなどのように大規模なスポーツビジネスとして活況を呈すと考えてきたが、新型コロナで大打撃を受けたこともあり、思惑は大外れ。決勝のスタート時刻をそれまでより1時間遅くしたほか、スプリント予選レースを試験的に導入するなどしたが、思っていたような反響は見られなかった。計画通りに実現に近づけたのは来年から米フロリダ州でマイアミGPが初開催されるのが決まったことくらいだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧