佐藤琢磨、角田裕毅を生んだ「鈴鹿サーキットレーシングスクール」が「ホンダ」を冠した新名称に その理由とは?

タグ: , , 2022/1/15

会見するホンダの三部社長(ホンダ提供)

 ホンダは14日、今季のモータースポーツ参戦体制発表会を開き、ホンダ主導の若手レーサー養成機関「鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)」の名称を「ホンダレーシングスクール鈴鹿(HRS)」へ変更すると発表した。校長にあたるプリンシパルは米インディカーに参戦する佐藤琢磨が継続する。

・今すぐ読みたい→
「負のスパイラル」を断ち切ったF1・角田裕毅 2年目への抱負とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-aspirations/



 SRSは1992年に三重県の鈴鹿サーキットで開校。二輪、レーシングカート、フォーミュラカーと他岐に分かれ、カートを含めてF1に進んだ選手として佐藤琢磨、山本左近、中嶋一貴、角田裕毅がいる。

 名称変更についてモータースポーツ関係者は「これまでも実質的にホンダのスクールだったが、ホンダとの連携がさらに強化されていく。ホンダの名前を出すことで世界的にブランドイメージを高める目的もある」としている。

 F1は昨年で撤退したものの、米インディカー、日本のスーパーフォーミュラ、スーパーGT、二輪もモトGPを含む内外の各カテゴリーで活動を続けており、モータースポーツ活動もかつては二輪レースの統括会社だったホンダレーシング(HRC)に一元化されることになった。





 鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎの運営会社「モビリティランド」も3月から「ホンダモビリティランド」に改称され、ホンダの名前を前面に押し出すことになる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧