トヨタ車体が新型ランドクルーザーで2023年のダカールラリーに参戦する理由とは?

タグ: , , 2021/6/13

 トヨタ系の車体メーカー、トヨタ車体(愛知県刈谷市)を母体とするラリーチーム「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)」が11日、初公開されたばかりの新型「トヨタ・ランドクルーザー」で2023年のダカールラリーに市販車部門から参戦すると発表した。

初公開された新型トヨタ・ランドクルーザー(トヨタ自動車提供)

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/



 新型は「300シリーズ」と呼ばれ、今夏以降に発売される。フルモデルチェンジは200シリーズとなった2007年以来、14年ぶりだ。ただし、来年の大会は300シリーズではなく、従来の200シリーズでの参戦となる。これは市販車部門で出場するにはホモロゲーション(型式認証)を取得する必要があり、規定の生産台数をクリアすることが条件となっているためだ。

 今はRV(レクレーショナルビークル)という言葉が使われる頻度は少なくなったが、1990年代前半はアウトドアブームもあいまってRVは大人気に。ランドクルーザーのほか、派生車種のランドクルーザープラド、三菱パジェロ、日産のサファリやテラノ、いすゞビッグホーンといった車両が各メーカーから続々と生産された。

 RVの人気が爆発したことで活況となったのがダカールラリーといえる。4輪部門では三菱自動車がワークスチームで参戦し、社員ドライバーだった篠塚建次郎、増岡浩と2人の日本人が総合優勝を果たした。その後は競技ルートが従来のサハラ砂漠から南米に移ったことで日本チーム、日本人の出場は極端に減った。





 そんななかでもトヨタ自動車は中東のサウジアラビア開催となった2020年大会からワークスチーム「トヨタガズーレーシング」を送り込んでいる。もともとは12年にトヨタ・ハイラックスで参戦した南アフリカのプライベートチームがルーツで、19年にナッサー・アルアティア(カタール)が同チームでトヨタ車に初優勝をもたらし、翌年からワークスチームに格上げとなった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧