F1・角田裕毅が自己最高位の7位入賞も「今日の結果には少しフラストレーションを感じます。」とコメントを残した理由とは

タグ: , , 2021/6/7

 F1第6戦アゼルバイジャンGPの決勝が6日、バクー市街地コースで行われ、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(21)が自己最高位の7位でフィニッシュ、9位だった開幕戦バーレーンGP以来、今季2度目の入賞を飾った。

自己ベストの7位でゴールしたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/



 「今週末、マシンのペースは力強かっただけに、今日の結果には少しフラストレーションを感じます。レースのスタートはよかったと思いますし、赤旗まではとてもいいパフォーマンスができていたと思います」とコメントしたものの、終盤に赤旗中断となるまでは6番手を走行。残り2周で再開されたレースで惜しくも順位を下げてしまった。

 残り6周を切った46周目にトップを快走していたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)がまさかのクラッシュ。左後輪のタイヤがバーストし、コントロールを失った。そのままセーフティーカーが投入されたが、残り3周となった48周で赤旗が出された。

 中にはこのままレースが打ち切られるのではと思った人もいるかもしれない。F1のルールではレース距離の75%以上が完了した場合はフルポイントが与えられると規定されており、この時点でレース自体も成立していた。

 国際自動車連盟でF1レースの審判を担うマイケル・マシ・レースディレクターは欧州メディアの取材に「規定時間内にストレート上に散乱したデブリ(破片)を処理できるかは自信がなかった」とした上で「自分の意見、判断は、レースを止めて、(コース上の)全てを片付けて、レースをフィニッシュさせることだった。再開しない理由はなかった」とした。





 レースは2時間以内と規定されているが、赤旗中断となった場合はレース時間は2時間延長され、中断時間を含めたレース時間の合計は最大で4時間となる。全51周のうち48周でレースがストップしたため、事故を速やかに処理すれば、残りはフォーメーションラップ1周を除いた2周でレースを再開ができるのだ。

 これは公平な判断だったといえるが、仮にレースがそのまま打ち切りになった場合、もしくは赤旗中断とならず、セーフティーカー先導のままゴールしていれば、角田は6位に認定されていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧