「絶対に負けられない戦いではなくなった」2026年W杯、「4・5」から「8・5」へのアジア枠拡大にネット騒然!「結局のところ・・・」

タグ: , , , 2022/8/1

3か国共催で行われる2026年のワールドカップから、アジアは4枠増の恩恵を受けることになった。(C)Getty Images

 アジアサッカー連盟(AFC)は1日、2026年ワールドカップの予選方式を発表した。アメリカ・カナダ・メキシコの3か国共催で行われる2026年大会は、これまで32枠だった出場枠が48に拡大。これに伴ってアジア枠も「4・5」から「8・5」に増加したため、予選のフォーマットを変更した。

【関連記事】「死の組」と騒いでるのは日本だけ!世界的に見れば「ドイツ、スペインの2強グループ」【2022上半期ヒット】

 日本が参加するアジア2次予選は、36チームが4チームずつ9グループに分かれて、ホーム&アウェーの総当たり戦を行い、各グループの上位2チーム(合計18チーム)が最終予選に進む。最終予選は、6チームずつ3グループに分かれてホーム&アウェーの総当たり戦を行い、各グループ上位2チーム(計6チーム)がワールドカップの直接出場権を獲得する。

 残りの2・5枠はプレーオフで決定。最終予選の全グループ3位と4位のチーム、計6チームが3チームずつ2つのグループに分かれた総当たり戦で競われ、グループ1位の2チームが出場権を獲得する。また、両グループの2位チームで一発勝負を行い、AFC代表として大陸間プレーオフに出場する。

 およそ2倍近くに出場国が拡大された今回の決定に対し、ネット上では「日本は余裕でワールドカップいけるから、興行的な面では最終予選全然盛り上がらんな」「商業的要素が強そうだなぁ」「これで予選もそれほどヒリつく事もなくなるのか」「『絶対負けられない戦い』ではなくなりましたね」などとファンが反応。また、「東南アジアの国にもチャンスが生まれるという点では良いと思う」「結局のところグループで2位に入らなければならないところはそんなに変わらないのね」といった意見も見られた。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人が2日から試合再開 改めて球界OBからも指摘された原采配の「不可解な点」とは
【関連記事】矢野阪神 首位攻防戦で3連勝逃した裏にささやかれる「悪手」とは
【関連記事】狩野舞子がチアリーダーの真ん中で”センター立ち”!「おぉ~綺麗な扇型」「8・5等身くらいありますね」と反響続々

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧