「座ッテクダサイ」「歯ヲミガク」「化け物」・・・大谷の活躍を伝えるメジャー実況に注目

タグ: , , 2021/5/21

 メジャーリーグは実況もおもしろい。

 エンゼルス大谷翔平(26)が活躍するニュースが連日のように流れ、メジャーの迫力ある試合模様を日本のお茶の間でも見る機会が増えた。テンションが上がりすぎた実況が「絶叫」となったり、ユニークな言葉を使って例えたり。落ち着いて進行する日本の実況と違い、独特の表現力を駆使する個性的なアナウンサーが多い。投打「二刀流」大谷のすごさを米国ではいかにして伝えているか、印象的な実況をいくつかあげてみた。

・今すぐ読みたい→
大谷翔平、今季好調の理由を岩村明憲氏が分析 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akinoriiwamura-analyse-shoheiotani/



◆「Monster!」

4月13日ロイヤルズ戦。ごく普通のショートゴロを大谷が俊足で内野安打にしてしまった場面。あまりのスピードに驚き「ただの内野ゴロが間に合わないなんて、信じられない!」「191キロの打球を打ったかと思えば、162キロを投げて、時速32キロで走る。大谷は身体能力の化け物だ!」

◆「Unicorn!」

4月26日レンジャーズ戦に「2番・投手」として出場。勝ち投手になり、打者としても3打数2安打2打点。バントで内野安打も決め「大谷はホッケーにバスケにギター、なんでもできる!投手なのにセーフティーバントまでやってのけた!うそだろ?」。「ユニコーンだ、スーパーヒーローだ、アニメのキャラだ、彼のやってることは現実じゃない!」と異次元の活躍ぶりを空想上の生き物にたとえるほどだった。

◆「スワッテクダサイ」

5月5日レイズ戦で先発した大谷が三振を奪うと、実況が「スワッテクダサイ!サンシン!」と日本語で絶叫した。メジャーでは三振のとき「Sit down(ベンチに戻って座ってろ)」を使用することがある。エンゼルスの実況アナは翻訳機を手元に置く勉強家?だけに、日本語変換して「スワッテ」になったのかも。





◆「ハヲミガク?」

「オオタニサン!」など日本語を使うメジャー実況アナは多いが、これまでもっとも意味不明とされている実況が5月11日アストロズ戦であった。大谷が投手で三振を奪うと「ドコカニイッテ、ハヲミガク!」とさけんだ。何を言いたかったのか、何を引用したのかもさっぱりわからず、不可解すぎるとネットでも話題になった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧