本塁打数単独トップを走る大谷翔平 松井秀喜のシーズン31本は本塁打王にどれだけの距離に迫っていたのか

タグ: , , , 2021/5/20

 エンゼルス・大谷翔平がメジャー両リーグの本塁打数トップを走っている。18日のインディアンス戦で3試合連発とし、14本塁打。19日(日本時間20日)現在、2位のロナルド・アクーニャ(ブレーブス)は13本で、12本の3位タイにはアーロン・ジャッジ(ヤンキース)、ミッチ・ハニガー(マリナーズ)、ホセ・ラミレス(インディアンス)、フレディー・フリーマン(ブレーブス)の4選手がつけている。

・今すぐ読みたい→
大谷翔平、今季好調の理由を岩村明憲氏が分析 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akinoriiwamura-analyse-shoheiotani/



 レギュラーシーズン中とはいえ、日本人大リーガーが本塁打数で両リーグの単独トップに立ったことは、これまではない。現在の大谷はシーズン換算で54本塁打ペース。昨季は60試合に短縮されたショートシーズンのため参考外として、2019年シーズンの本塁打王は、ナ・リーグがピート・アロンソ(メッツ)で53本、ア・リーグはホルヘ・ソラー(ロイヤルズ)で48本だった。日本人初の本塁打王獲得が十分に狙えるペースだ。

 これまでの日本人大リーガーのシーズン最多本塁打は、2004年の松井秀喜(ヤンキース)が残した31本。メジャー通算175本塁打したゴジラが最も輝いたシーズンこそこの年だった。ではその時、松井は本塁打王にどれだけの距離に迫っていたのだろうか。

 2004年のア・リーグ本塁打王は、ライバル球団であるレッドソックスのマニー・ラミレスで43本。続く2位が同じくレッドソックスのデービッド・オルティスと、ホワイトソックスのポール・コネルコの41本だった。40本超えはこの3選手だけだった。

 松井はカルロス・リー(ホワイトソックス)と並び、リーグ11位。トップとは12本差があった。ちなみに4位以下はウラジミール・ゲレロ(エンゼルス)39本、マーク・テシェイラ(レンジャーズ)38本、アレックス・ロドリゲス(ヤンキース)36本、ゲリー・シェフィールド(ヤンキース)36本、ミゲル・テハダ(オリオールズ)34本、ハンク・ブレイロック(レンジャーズ)32本、カルロス・デルカド(ブルージェイズ)32本となっている。





 松井にとってシーズン中の6月に30歳を迎えた、メジャー2年目のシーズンだった。本塁打王を狙う、というところまでは望めなくても、メジャーで歴史を刻んできたレジェンドたちと並び、スラッガーとして恥じる必要のない十分な本塁打数ともいえた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧