言いたい放題の評論家にダルが「喝」!4失点デビューのロッテ佐々木朗希へネガティブ意見ガン無視のススメ

タグ: , , , 2021/5/18

 ロッテの高卒2年目右腕・佐々木朗希投手(19)が待望の1軍デビューを果たした。本拠地ZOZOマリンスタジアムで16日西武戦に先発。5回6安打4失点5奪三振2四球の内容で、最速154キロをマーク。4回までは直球のほとんどが150キロを超え、一級品の素材をあらためてファンに印象づけた。

・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹がロッテ・佐々木朗希を分析「僕は絶対に預からない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-talks-about-roukisasaki/


 勝ち投手の権利を持って交代したが、救援陣が打たれて勝敗はつかなかった。岩手・大船渡高時代に163キロをマークし、ドラフトでは4球団が競合した「球界の宝」。野球評論家は待ちに待ったとばかり、19歳の初登板を批評した。

 元ロッテ捕手で日刊スポーツ評論家の里崎智也氏は「思っているよりもはるかに良かった。外角真っすぐの制球力がある。真ん中に真っすぐを投げ込むパワーピッチングを想像していただけに、いい意味で予想を裏切られた。19歳のプロ2年目の初登板としては、未来に向けてポテンシャルを感じさせるいい形のスタート」と賛辞を送った。

 元DeNA監督の中畑清氏は、テレビ東京の解説で「投球のテンポが良い。走者を背負っても、ピンチになってもテンポが変わらない。だから援護を受けやすい」と、5回まで6得点と味方打線の援護を引き出したテンポの良さに着目した。

 一方、逆の意見も目立った。5回で5盗塁を許したことに、NHKなどで解説を務める 元巨人投手の上原浩治氏は「投球のリズムが一緒で、打者に読まれていたんじゃないかな。期待値が高いので、正直もっといけたんじゃないか。球速ほど打者は速く感じていなかったんじゃないかな。内角をもっと使ってほしい」などと指摘した。





 日本ハムなどでプレーした野口寿浩氏はプロで21年間務めた捕手目線から「セットポジションに入り、いったん静止してから足を上げ始めるまでの時間が常に同じ。クイック自体も速い方ではない。癖があって走者にわかりやすかった可能性もある。投球後の守備姿勢に、一塁側へ流れがちな欠点がある」と遊ゴロ内野安打を処理できなかった守備にも注文をつけた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧