「投手根尾」が盛り上がるほど、批判が強まる中日立浪監督の迷走采配

タグ: , , , 2022/6/26

 甲子園優勝投手の人気は、やはり健在だった。25日、中日が9点をリードされた6回、「ピッチャー根尾」がコールされた。投手転向したばかりの22歳がリリーフカーで登場すると、阪神ファンでうまる甲子園は歓声とどよめきと拍手でどっと沸いた。

【関連記事】ヤクルト村上にあって日本ハム清宮にない「決定的な違い」

 大阪桐蔭時代の18年に春夏連覇した根尾が、聖地のマウンドに1軍投手として初めて立った。結果は1回1失点だったが、投手転向に挑戦している若き右腕を甲子園全体が応援しているようだった。

 4番佐藤輝から始まる阪神の中軸と対戦し、登板5試合目で初失点を喫した。立浪監督は「どれぐらい通用するか見たかったので、あえてクリーンアップに行かせた。打たれることは勉強。ずっといいとは限らない」と起用の意図を説明した。

 一方で、立浪監督の采配には、批判が強まっている。この日も初回から失点を続けた先発福谷を交代させず、4回9失点。0-10で大敗し、序盤から勝敗をあきらめたような捨てゲームになった。中日はリーグ最速40敗、借金10の最下位。結果が出なければ、批判されるのがプロの世界。開幕ダッシュに失敗した阪神矢野監督が大バッシングを受けたように、批判の矛先は立浪監督へと向けられている。





 18年ドラフト1位のスター候補・根尾の迷走起用が象徴的だ。当初は「外野手一本」と宣言しながら、5月には遊撃守備につかせた。代打や守備固めに、本格的に練習していない投手としても登板させた。交流戦後には、外野手から投手に登録変更し、投手に本格転向。一貫しない球団方針、二転三転する育成法は、球界全体に大きな波紋を呼んだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧