「なんであそこまで飛ぶんだ!」大谷日米通算150号を米球界驚愕の特大アーチで決める【2022上半期ヒット】

タグ: , , 2022/6/26

(C)Getty Images

 2022年上半期にスポーツ界で起こった印象的な出来事を『CoCoKARAnext』のヒット記事で振り返るこの企画。今回は大谷翔平が放った日米通算150号について。飛距離135メートルという完璧なアーチで、現地解説者の度肝を抜いた。記事初掲載:2022年5月23日

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、現地6月22日(日本時間23日)に本拠地で行われたアスレチックス戦に「1番・DH」で先発出場。先頭で迎えた初回無死、ア軍先発左腕のアービンから6試合ぶりとなる中越え9号先制ソロをマーク、日米通算150号本塁打を達成した。

【動画】「なんであそこまで飛ぶんだ!」と言わしめた通算150号ホームラン





 初回先頭で迎えた第1打席。左腕アービンの2球目、甘く入ったカーブを完璧に捉えると打球はぐんぐんと伸びて、本拠地エンゼル・スタジアムのセンター後方にある生垣まで越える特大アーチで自身のメモリアル弾を決めてみせた。打たれた瞬間に投手・アービンが思わずひざを叩いて悔しがるほどの完璧なアーチ。これには中継の解説者も「なんであそこまで飛ぶんだ!」と驚きを隠せなかった。打球速度175キロ、飛距離は今季最長の135メートルを記録した。地元ファンも総立ち、大興奮の一発となった。

 プロ9年目で日米通算150号(NPB48本、MLB102本)を達成。プロ初本塁打は日本ハム時代の2013年7月10日の楽天戦、4回に永井から放った。メジャー初本塁打は18年4月3日(同4日)のインディアンス戦の初回、トムリンからマークした。数字を見てもいかにMLBに来てからハイペースで本塁打を積み上げているかが分かる。昨年も早朝の活躍で「おはよう大谷」が定着していたが、月曜の朝からメモリアル弾と明るい話題で日本のファンを喜ばせた。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「オオタニはもう十分」の“クレーム”から一夜、大谷翔平の101号本塁打に「彼女は今、空に向かってパンチしているだろう」と現地記者が皮肉【2022上半期ヒット】
【関連記事】「解雇通知をくれてやれ!」大谷翔平への疑惑の判定に地元メディアも大ブーイング!「審判たちは大谷を嫌っている」【2022上半期ヒット】
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!


「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧