投手デビューで示した中日・根尾のポテンシャル 大谷とは違う22歳にしかできない二刀流の形とは

タグ: , , 2022/5/23


 衝撃の投打二刀流1軍デビューだった。中日・根尾昂内野手が21日の広島戦、1-10と大量ビハインドの8回に投手として1軍初登板を果たした。

【関連記事】「なんであそこまで飛ぶんだ!」大谷日米通算150号を米球界驚愕の特大アーチで決める

 「投手・根尾」がアナウンスされると、敵地ながらスタンドがどよめいた。3年時には春夏連覇を果たした名門・大阪桐蔭高時代に、投打二刀流で名を馳せたことは多くのファンが知っている。2週間前の8日には2軍戦で甲子園のマウンドに上がり、近い将来の二刀流デビューを匂わせてもいた。

 大量点差がついた試合で、中継ぎ投手の消耗を避けるため、野手が登板することはメジャーリーグではままみられる。つい先日もカージナルスに復帰し今季限りでの引退を公表しているアルバート・プホルスが、42歳にして15-2と大量リードの9回に投手デビューを果たし話題になったばかり。3安打4失点されながら1イニングを投げきり、試合をしめくくった。

 マーリンズ時代のイチローや、現ヤクルトの青木宣親もアストロズ時代に登板した経験を持つ。

 NPBでも2020年に巨人・増田大輝内野手が0-11の阪神戦で8回1死から登板したことがあった。





 だが、この日の根尾が見せたパフォーマンスは、それらの野手登板とは大きく一線を画したものだった。

 初球、坂倉への直球はいきなりこの日最速の150kmをマークした。2球目に右前打を許したが、続く小園は右飛、磯村は中飛、中村健は二ゴロと3者連続で凡退させ、1イニングを無失点で降りた。

 プロ入り時から投打ともに高いポテンシャルが評価されていた。ドラフト1位で4球団競合の末、地元の岐阜県に近い中日に入団。同時に本人は「野手一本で勝負」と宣言し、正遊撃手・京田に挑戦状をたたきつけた。だが故障もあり出だしでつまずくと、なかなか1軍に定着できない日々が続いた。2年目からは外野手に挑戦するなど、迷走を続けているようにも映った。

 今季もここまで打率は1割台。投手として立った9回の打席では力ない一ゴロに倒れた。果たして今後、根尾が進むべき道はどのようなものなのか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧