広島カープのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ?

タグ: , , 2020/5/18

 プロ野球12球団で唯一、FAで獲得した選手がいない広島カープ。生え抜きの選手を中心に、16年からセ・リーグ3連覇を果たした。ドラフトで獲得した選手を12球団屈指といわれる育成力で成長させてきた。2000年以降のドラフト史を振り返り、「神ドラフト」「残念ドラフト」それぞれの年を探ってみた。

・今すぐ読みたい→
ソフトバンクのドラフトの歴史を振り返る!「神ドラフト」「残念ドラフト」はいつ? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hawks-draft-history/

◆神ドラフト=2006年


【高校生】
1 前田健太(PL学園)投手
3 会澤翼(水戸短大付)捕手

【大学・社会人】
希望枠 宮崎充登(ホンダ鈴鹿)投手
3 上野弘文(トヨタ自動車)投手
4 青木高広(日産自動車)投手
5 中東直己(ホンダ鈴鹿)外野手

 数ある当たり年でも、06年が充実している。早実・斎藤佑樹の活躍で「ハンカチ世代」といわれたメンバーが集結した高校生ドラフト1巡目は、田中将大、堂上直倫、大嶺祐太、増渕竜義が人気で他球団に重複指名されたが、広島は前田の「一本釣り」に成功。前田は6年連続2ケタ勝利、最多勝2度、沢村賞2度と球界を代表する投手に成長し、16年からメジャーリーグで活躍している。

 會澤も今や不動の正捕手。3年連続でベストナインに選ばれたほか、19年には侍ジャパンで控えの立場から持ち味の強打で正捕手を奪い、プレミア12の世界一に貢献した。大学社会人では、上野と青木が中継ぎとして、中東もバイプレーヤーとして、1軍の戦力となった。





 ほかには07年も人材の宝庫だった。丸佳浩がブレークし、安部友裕、小窪哲也、松山竜平と3連覇の中心選手が入団した。大竹寛、石原慶幸、天谷宗一郎の01年、野村祐輔、菊池涼介の11年、大瀬良大地、九里亜蓮、田中広輔の13年と、当たり年が多い。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧