「金メダル噛み」の名古屋市長にスポーツ界も続々コメント。柔道・高藤は「自分の金メダルでも優しく扱っているのに・・・」

タグ: , , , , 2021/8/5

 2大会連続金メダルを獲得したソフトボール日本代表。今大会、チームの「救世主」とも言える活躍を見せたのが、20歳の後藤希友だ。

その後藤が4日、地元・名古屋市役所を訪問し、河村たかし市長に金メダル報告を行った。

・今すぐ読みたい→
侍ジャパン守護神の広島・栗林 ソフト金の妹分・後藤希友に刺激「自分もああしてチームを救える選手になりたい。」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/ryoujikuribayashi-closer/



 だが、そこで起きた河村市長のある行動が、波紋をよんでいる。

後藤から金メダルを首にかけてもらうと、突然マスクを外し、後藤の許可無しに金メダルを噛み始めたのだ。

あまりの出来事に、周囲は唖然。後藤本人も、苦笑いをするしかなかった。

この騒動に、SNS上では、同じアスリートたちも驚きを隠せなかった。

今大会柔道男子60キロ級で同じく金メダルを獲得した高藤直寿は「自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱っているのに。怒らない後藤選手の心の広さ凄すぎ。俺だったら泣く」とコメント。

また、ロンドン五輪女子バレーボールで銅メダルを獲得した、狩野舞子氏も、「信じられない。コロナどうこう以前に人のものを勝手に噛むとか有り得ない。自分勝手がすぎる。私だったら飛びかかってるかも」と、自らもメダルの大切さを知っているだけに、怒りを隠せない様子だった。





また、自身も同じ経験があるというのは、ロンドン五輪女子バドミントン銀メダリストの藤井瑞季氏。

「私もある。口いっぱいにメダル入れられた。たぶんボケかましてきたんだと思うけど、本当泣きそうになった。」
とコメント。

「その瞬間はショックだったけどしっかり消毒して、たくさんの人に触ってもらってたくさんの笑顔が見れたので、忘れてました。今後このようなことがありませんように」

と、「#選手にリスペクトを」というタグと共に、自身の経験を振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧