箱根駅伝、完全V果たした青学・原監督と新庄ビッグボスの 「あの共通点」とは

タグ: , , , , 2022/1/4

※画像はイメージです

 意外な接点にスポーツファンも騒然となった。青学大が往路、復路ともに完璧なレース運びで完全優勝を決めた2022年の箱根駅伝。原晋監督が胴上げされる歓喜の模様をインスタグラムに動画であげて、祝福のメッセージを送ったのが、年末年始のTV番組ジャックで賑わせた日本ハム・新庄剛志監督だった。

・今すぐ読みたい→
距離が合ってない!オリンピアン三浦が箱根2区で失速・・・日本人留学生?「レンタザワ」区間賞トレンド入り https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rentazawa-entering-the-trend/


 「原監督 選手 スタッフの皆さん 本当におめでとうございます。感動しました。僕が48歳でもう一度プロ野球選手になる為にトレーニングをしてる最中に原監督から指導してもらいその時に『君のこの挑戦はいつか指導者に繋がるよ』その言葉が物凄く胸に刺さり今に繋がりました。感謝します」

 2020年12月7日に行われた12球団合同トライアウトで、2006年以来となる現役復帰にチャレンジした新庄監督。その過程のトレーニングにおいて、原監督による指導を仰いでいたのだった。

 結局、12球団からのオファーは届かず、トライアウトの6日後の同13日にインスタグラムにおいて、公言通りに復帰を断念することを報告した。当時、この一報には原監督がツイッターで反応。「もう一度プロの世界でバッターに立つ姿見たかったな…あの明るさと野球理論。何よりも48歳とは思えない身体能力。残念だな…」とつぶやいていた。

 前代未聞のカムバックを目指した新庄監督への指導の中で、原監督は2人の共通点を見出していたともいう。





 昨年11月に日本ハム・新庄監督誕生のニュースが駆け巡ると、原監督はニュース番組に出演した際に「最高にうれしい」と喜んだ。「自分と同じような系統。スポーツ界で監督になるような人材は、真面目で他人の言うことをよく聞く人が上がっていくが、今回の就任で野球界が大きく改革されるのでは」と球界への変革に大きな期待を寄せていた。

 指導の中で、原監督自ら「この方は監督に向いている」という思いを強くしていたという。青学大陸上部の選手たちと触れ合う新庄監督は、学生たちと同じ目線で会話を重ねていた。その姿が、名将に将来の指揮官誕生を予感させていた。

 原監督の指導者としての手腕を語る上で欠かせないのが、学生たちとの卓越したコミュニケーション能力だろう。その対話能力はマジックの源泉と言われている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧